コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオニア様式 イオニアようしきIonic style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオニア様式
イオニアようしき
Ionic style

ギリシア建築,また広義には美術史の各時代を通じて取り上げられる様式。エーゲ海の島々および小アジアのイオニア地方と呼ばれた地域に発展し,特にアルカイック期(前650頃~前480頃)の建築に顕著である。ドーリス様式ギリシア本土で生まれた様式であるのに対し,イオニア様式はオリエントの強い影響のもとに育成され発展した様式で,前者が簡素,雄勁で男性的な趣を示すのとは対照的に,優美,繊細,軽快,女性的であることを特徴とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イオニア‐ようしき〔‐ヤウシキ〕【イオニア様式】

イオニア式」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオニア様式
いおにあようしき

ギリシア美術の基本様式の一つ。紀元前7世紀の初めから小アジアのエーゲ海沿岸に住んだイオニア人の間で発達し、前6世紀以降アテネをはじめギリシア全土に伝播(でんぱ)した。ドーリス様式が簡素重厚、男性的であるのに対し、イオニア様式はオリエント世界の影響を受けて女性的な軽快さと優雅さを特徴とする。たとえば、建築では柱頭装飾に典雅な渦巻型を取り入れ、細身の柱には柱礎が加えられ、梁(はり)を浮彫りで飾るなど、ドーリス様式とは著しい対照をなす。彫刻では婦人の繊細かつ優美な衣装の表現にその特徴がみられる。[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イオニア様式の関連キーワードギリシア建築イクティノスギリシア美術コリント様式パルテノンブトリントファスキア神殿建築七不思議

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android