イカルス(英語表記)Icarus

翻訳|Icarus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカルス
Icarus

1949年に W.バーデにより発見された小惑星 1566号。のときの平均実視等級 11.0等,公転周期 1.12年で軌道の離心率は 0.827と大きく,現在知られている小惑星のうちで最小の近日点距離をもち,太陽水星軌道の半分以下の距離 (3000万 km以内) まで近づく。遠日点地球軌道と火星軌道の間にある。 68年6月に地球に約 640万 kmまで接近したとき,レーダにより調べられた最初の小惑星で,直径約 0.8kmと推定された。2時間 17分の周期で自転している。 (→イカロス )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イカルス【Icarus】

1949年パロマー天文台の122cmシュミットカメラを用いてW.バーデが発見した特異小惑星の一つ。軌道長半径1.08天文単位,離心率0.83,したがって近日点において太陽から3200万kmにまで接近するので,ギリシア神話に出てくる,太陽に向かって飛び続けたイカロスの名前がつけられた。水星の軌道よりも内側に入りこむ唯一の小惑星である。地球の軌道面を横切るあたりで衝となると,地球から600万kmまで接近する可能性があり,この現象は19年目ごとに起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イカルス【Icarus】

○ イカロスのラテン名。
[1] 小惑星の一。1949年発見。直径約1キロメートル。近日点では太陽にわずか3200万キロメートルまで近づくのでこの名がついた。19年ごとに地球に接近。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカルス
いかるす
Icarus

小惑星の一つ。1949年、アメリカ、パロマ山天文台のシュミット・カメラ(口径122センチメートル)により発見された。登録番号1566番。地球に非常に接近するアポロ・アモール型小惑星の一つで、離心率0.827という著しい楕円(だえん)軌道をもち、近日点では太陽に2700万キロメートルまで近づく。公転周期も408日と非常に短い。19年ごとに地球に大接近し、1968年には640万キロメートルまで近づいた。直径は約1キロメートル、反射能は0.17、表面の物質はケイ酸塩質のものと推定され、また自転周期は変光のようすから2.273日と求められている。[村山定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイカルスの言及

【特異小惑星】より

…(2)944番ヒダルゴ,2060番キロンのように,軌道半長径および離心率が大きい値をもっていて,遠日点が木星の軌道の外側にあるすい星と類似した軌道上を運行しているもの。(3)1862番アポロ,1566番イカルスのように軌道半長径が小さく,しかも離心率が大きい値をとっているため,近日点が地球の軌道を越えて太陽に近づくような軌道上を運行しているもの。イカルスの近日点は水星の軌道よりも内側にある。…

※「イカルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イカルスの関連情報