コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス自治領 イギリスじちりょうBritish Dominions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス自治領
イギリスじちりょう
British Dominions

イギリス帝国内における自治領。アメリカ合衆国の独立後,イギリス帝国の白人植民地に対して,本国財政のための恣意的な課税は行われなくなり,植民地立法議会が存在するようになったが,行政権は依然として本国の君主あるいは所管大臣に対してのみ責任を負う総督の手に握られていた。これに対して自治の要求は,まず 1830年代のカナダにおいて高まり,ダラム報告に基づき 40年代に内政に関する自治権が認められるにいたった。数年後,オーストラリア,ニュージーランドもカナダに続いて同様の権利を獲得し,67年には,カナダの主要な4地方が Dominion of Canadaの名称のもとに単一の連邦を構成した。これがイギリス自治領の正式な始りである。その他はやや遅れて,オーストラリア Commonwealth of Australia (1901) ,ニュージーランド Dominion of New Zealand (07) ,南アフリカ Union of South Africa (10) の順に,自治領の公的な資格を得た。なおニューファンドランドは 1917年,単一の自治領として発足し,49年カナダ連邦の一州として統合された。また 21年に成立したアイルランド自由国 Irish Free Stateも,自治領と同じ地位を得た。以上の6自治領は,第1次世界大戦と戦後のパリ講和会議をはじめとする一連の国際会議を通じて,外交・軍事上の自主権をも漸次獲得し,31年ウェストミンスター憲章によって,立法上の完全な自主権を本国議会から認められた。ここにイギリス連邦が成立するとともに,これを構成する自治領は,dominionsの代りに member nationsあるいは realmsと呼ばれるようになった。第2次世界大戦後イギリス連邦に新たに加入したアジア=アフリカ旧植民地の独立国家も,自治領ではなく,「構成国」と呼ぶべきであろう。なおアイルランド自由国 (エール) は 49年に,南アフリカは 61年に連邦を離脱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イギリス自治領【イギリスじちりょう】

イギリス連邦内で英国王を元首とする独立国の通称。1867年カナダ4州が最初の自治領となり,遅れてオーストラリア(1901年),ニュージーランド(1907年),南アフリカ(1910年)が自治領になり,1931年ウェストミンスター憲章により立法上の完全自主権を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス自治領
いぎりすじちりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イギリス自治領の関連キーワードウェストミンスター法律ウィンドワード[諸島]ペーター ケニロレアセーナナヤケドミニカミントフボータ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イギリス自治領の関連情報