コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イグチ(猪口) イグチ boletus

翻訳|boletus

2件 の用語解説(イグチ(猪口)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イグチ(猪口)
イグチ
boletus

アミタケに近いキノコの呼び名。傘の形はまんじゅう形で,縁がそり返った形がイノシシの口に似ているので,この名がつけられたという。ヌメリイグチ Suillus luteusをはじめとして,ハナイグチ S. grevillei,アミハナイグチ Boletinus cavipes,ベニハナイグチ B. pictus,アシベニイグチ Boletus calopusなどいろいろの種がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イグチ【イグチ(猪口) boletus】

担子菌類ハラタケ目のキノコで,アミタケ,ヌメリイグチ,ヤマドリタケなどの仲間を古くからイグチとよんだ。特定の種類ではない。大部分はアミタケ科(またはイグチ科)Boletaceaeに属し,日本では12属70種ほどが記録されている。またイグチ類の一部は,オニイグチ科にも属する。アミタケ科のキノコでは,かさはまんじゅう形,肉は厚く柔軟で白~淡黄色,下側には無数の細い管孔(くだあな)がならぶ。一般に管孔は黄土色,胞子紋は黄泥色のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イグチ(猪口)の関連キーワードカラカサタケ(唐傘茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)えぶりこ発光菌シメジスギヒラタケタマゴタケナラタケハラタケ