コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イダルゴ hidalgo

翻訳|hidalgo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イダルゴ
hidalgo

騎士の身分にある人を表わすスペイン語。この身分は王から直接与えられるか,または世襲の特権によるかのいずれかである。この語は 12世紀頃から現れ,hijo de algo (価値ある息子) から hijodalgoとなり,さらに短縮されて hidalgoになった。大貴族や郷士から小貴族を区別するために用いられ,免税の特権を有していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イダルゴ

メキシコ独立運動の先駆者。グアナファト近郊ドローレス村の司祭。フランス革命思想の影響を受け,1810年9月16日インディオを主力として独立戦争を起こし,奴隷制廃止を訴えて首都へ向かったものの,チワワで逮捕,処刑される。
→関連項目グアダルーペの聖母グアナフアトメキシコ(国)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イダルゴ【hidalgo】

スペイン語で,12世紀末にそれまでのインファンソンinfanzónに代わって用いられ始め,当初は〈貴族の子弟・末裔〉を意味し,後に広義では貴族の総称となった。しかし,一般には爵位を持つ大貴族に対して,爵位のない最下級の貴族を指す。このイダルゴの身分は,国土回復戦争での功績に基づいて国王が授け,父から子へ継承された。社会的には直接税の免除,借財を理由に投獄されない,死刑に際しては不名誉とされた絞首刑の適用を免れる等の特権を持っていた。

イダルゴ【Miguel Hidalgo y Costilla】

1753‐1811
メキシコ独立運動の指導者。グアナファト近郊ドローレス村の司祭で,1810年9月16日〈ドローレスの叫び〉をあげ,原住民とともにスペインの植民地支配に対する独立戦争を開始。この日は現在,独立記念日となっている。奴隷制廃止を訴え,反乱軍を一気に首都に進撃させるかに見えたが,チワワで逮捕され死刑。その後,モレロスに率いられ,闘争は続けられた。【大垣 貴志郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イダルゴ【Hidalgo y Costilla】

1753~1811) メキシコの司祭。1810年よりスペインに対する反乱を指導、敗れて処刑されたが、独立闘争の契機をつくる。独立の父と呼ばれ、武装蜂起の日(9月16日)は独立記念日となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イダルゴ
いだるご
Miguel Hidalgo
(1753―1811)

メキシコ独立運動の指導者。「独立の父」とよばれている。鉱山地帯グアナフアト州の大農園管理人の子に生まれ聖職者となった。自ら農園を購入してブドウ栽培や養蚕を始めるなど、農業や手工業の近代化に努力し、他方ではヨーロッパ思想の影響も受けた。1808年ナポレオンがスペイン本国を占領すると、メキシコのスペインからの独立を目ざす運動が起こったが、イダルゴもこれに参加した。1810年9月16日、スペイン当局の弾圧をきっかけに、教区ドローレス村の民衆に対し武装蜂起(ほうき)を呼びかけた。これを「ドローレスの叫び」という。おもに下層民衆がこれに呼応し、1か月足らずで中北部一帯を支配下に置き、奴隷解放、原住民への土地の返還などを宣言した。そして、10月には8万人に達する民衆を率いてメキシコ市に迫った。しかし、下層民衆を恐れるクリオーリョ(メキシコ生まれの白人)の協力が得られず撤退した。翌年スペイン軍の反撃を受けて捕虜となり処刑された。しかし、独立運動は部下のモレロスに引き継がれた。[野田 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイダルゴの言及

【イベリア半島】より

…(b)中世全体を通じて移動の自由,領主選択権をもつベエトリーアス農民および奴隷(とりわけイスラム教徒奴隷)が存続しつづけた。(2)元来は騎士としての装備を自給できた自由人農民上層にすぎなかった村落騎士(民衆騎士)は中世末,伝統的な下級貴族身分であるインファンソネスと結びつき,イダルゴ層という新しい下級貴族・都市貴族身分を形成していく一方,都市部においては一般に,市民層の形成が希薄であった。(3)再征服運動の進展に伴い,モリスコ,ユダヤ人など多くの異教徒をかかえることになった。…

【貴族】より

…その結果,13世紀以降,多くの地域で貴族の内部に階層分化が進行し,大きな所領をもつ高級貴族とこれに奉仕する下級貴族としての狭義の騎士身分の区別ができあがった。イギリスのナイトknights,フランスのシュバリエchevaliers,ドイツのリッターシャフトRitterschaft,スペインのイダルゴhidalgosなどがこの新しい騎士身分である。また,12,13世紀以来,自治都市が発展すると,市民共同体の内部でも富裕な上層市民の諸門閥が閉鎖的な〈都市貴族〉層を形成した。…

【グアナフアト】より

…その繁栄のあとをとどめる歴史的建造物も多く,植民地時代の雰囲気を味わえる代表的観光地で,また1732年創立のグアナフアト大学がある文化の中心。1810年イダルゴの率いる独立革命軍の手に落ちた最初の重要な都市で,彼の最期の地でもある。【栗原 尚子】。…

※「イダルゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イダルゴの関連キーワードアラマン(メキシコの政治家、実業家、歴史学者)グアダルーペ・イダルゴグアダルペイダルゴ条約グアダルペ・ビクトリアコンラッド ロサーノトゥーラ(メキシコ)スティーブ バーリンモレロス・イ・パボングアダルペイダルゴチワワ(メキシコ)グアダルーペ寺院CFパチューカマリア カラスセサル ロサスドロレスの叫びトゥランシンゴショチカルコグアダラハラメキシコ戦争トゥーラ遺跡

イダルゴの関連情報