コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッカク(一角) イッカクnarwhal

翻訳|narwhal

1件 の用語解説(イッカク(一角)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イッカク【イッカク(一角) narwhal】

ハクジラ亜目イッカク科の哺乳類イラスト)。北極圏にすむ小型のハクジラで,雄は左上あごに長さ2mに達するきばをもつ。イッカクの名はこれに由来し,ヨーロッパにもたらされたそのきばは想像上の動物であるユニコーンunicorn(一角獣)の角と考えられた。北極圏に生息するが,カナダからヨーロッパの北部に多い。きばを除いた体長は3.8(雌)~4.5m(雄)。背びれはない。体色は幼体では全身灰黒色,成体では背面黒褐色,腹面はほとんど白色となり,その境はヒョウのような斑紋をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイッカク(一角)の言及

【きば(牙)】より

…バビルサの雄の犬歯は上下とも細長く,上の1対は吻の皮膚を貫いて上に伸び,先端が後下方に曲がっていて,武器としては役だちそうもない。長さ2.8mにも達するイッカクの雄の左側のきばも同様に用途不明である。右側のは普通退化し,雌にはきばがない。…

【角】より

… 他方,角は妙薬として珍重された。ギリシア・ローマ時代には,ユニコーン(一角獣)の角と誤って信じられたサイの角が,解毒剤や癲癇(てんかん)の治療薬として重視され,16世紀以降は鎖でつながれたイッカクの角が薬局の看板代りとなり,これを削って作った粉薬が売られた。また北方民族が古くから用いていた角杯は,毒が混入されると泡を出して解毒するといわれ,毒殺が流行した時代にはヨーロッパの王侯や貴族に広く使われた。…

【ユニコーン】より

…これが聖母マリアと教会とイエスの象徴であることはいうまでもない。ユニコーンの角は毒の力を消すとされたので,その角と考えられたイッカクの角は,削って服用されたり杯やナイフの柄にされた。このナイフの柄は毒が近づけば汗をかくと信じられた。…

※「イッカク(一角)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone