コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトゥ

百科事典マイペディアの解説

イトゥ

奄美群島の作業歌の総称。イェトとも。主としてユイ作業(労働を融通しあう協同の農作業)のときに掛合いで歌われたもので,掛声や囃子詞(はやしことば)を中心としたリズミカルで短い旋律をくりかえすことが多い。単独で歌うものには《櫓漕ぎイトゥ》などがあり,長いフレーズの美しい旋律をもつ。これらはすでに作業の場が失われ,《渡(わた)しゃ》のように《櫓漕ぎイトゥ》が島歌化したものや,民俗芸能的に演じられるもの以外は消滅してしまった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

イトゥの関連キーワードフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングオカピ保護区[コンゴ民主共和国]フランクフルター・アルゲマイネフランクフルターアルゲマイネジャーミ・アッタワーリーフウラディーミル ユロウスキイトゥラルデ・クレーターローレンツ ストゥッキドイトゥンロイヤルビラヤニーナ ポラジンスカソルターニーイェ啓蒙時代管弦楽団モントハルデ岩カイトベイ要塞シュプリンガーディ・ウェルトウス(烏蘇)県ドイトゥン宮殿カーシャーニーマリュウジ岩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イトゥの関連情報