イニシエーション(英語表記)initiation

翻訳|initiation

デジタル大辞泉 「イニシエーション」の意味・読み・例文・類語

イニシエーション(initiation)

ある集団社会で、正式な成員として承認されること。また、その手続きや儀式成人式入社式はその一形態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「イニシエーション」の意味・読み・例文・類語

イニシエーション

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] initiation ) 青年男女が氏族宗教団体などに成員として加入するための通過儀式。きびしい試練を課する場合がある。日本の武士階級の男子元服や、現代の成人式もこの一つである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「イニシエーション」の意味・わかりやすい解説

イニシエーション
initiation

人類学用語。「成年式」「入社式」とも訳される。社会的に一人前の成人として認知,編入されるための一連の手続きのこと。広義には,ある社会的カテゴリーから他の社会的カテゴリーへの,集団的あるいは個人的加入を認可するための一連の行為体系をさし,秘密結社への加入やシャーマンなど宗教職能者の地位の取得なども含まれる。通過儀礼を伴うことが多い。成年式の場合,女性は初潮契機として個別に行われることがほとんどであるのに対し,男性ではさまざまな段階をもち,より大規模で集団的に行われる。オーストラリア先住民の間では,割礼,抜歯,研歯,抜毛,尿道切開などの身体変工や,身体への瘢痕文身,刺痕文身 (刺青) などが施され,食物の制限などタブーに服しながら数ヵ月間集落を離れて慣習や神話伝承を教え込まれる。 A.ファン・ヘネップは,このようなイニシエーションの過程を,それまでの地位からの「分離」,中間的な「移行 (境界) 」の時期,そして新たな地位を与えられる「再統合」の3つの段階に分けて体系化した。このうち「移行」の段階では,明確な社会構造に組織されない人間関係がみられ,V.ターナーはこれをコムニタス communitasと呼んだ。また M.エリアーデは,これらの過程を儀礼的な「死と再生」とを象徴的に表わすものとして解釈した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「イニシエーション」の意味・わかりやすい解説

イニシエーション
いにしえーしょん
initiation

なんらかの社会的集団に加入する際に行われる儀式。「加入式」あるいは「入社式」とも訳す。とくに成年式としてのイニシエーションは伝統的にメラネシアなどの地域で精緻(せいち)に発達していたため、社会人類学的研究に多く取り上げられてきた。成年式をすべてイニシエーションとする見方もあるが、社会的集団への加入と秘儀性のないものは一般にイニシエーションから除外される。

[横山廣子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「イニシエーション」の意味・わかりやすい解説

イニシエーション
initiation

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のイニシエーションの言及

【加入儀礼】より

…入社式またはイニシエーション儀礼ともよばれる。男子結社や秘儀的集団に加入するために行われる通過儀礼のひとつであり,この儀礼を通過することによって,加入後に集団のさまざまな地位・権利・特権を獲得することができる。…

※「イニシエーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android