コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌエンジュ Maackia amurensisssp.buergeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌエンジュ
Maackia amurensisssp.buergeri

マメ科の落葉小高木で,高さ2~10mになる。本州中部以北,北海道の山地林縁河岸に生える。葉は互生し,長さ 20~30cmの奇数羽状複葉で3~5対の卵形小葉からなる。7~8月に開花し,枝先に3~7個の総状花序をつける。各花序には,長さ 10~12mmの白色の蝶形花が密につく。鐘形で先が4つに分れる。おしべは 10本で長短があり,子房を取巻き互いに離生する。果実は扁平な豆果で長さ4~9cm,幅約 1cm,中に褐色種子を含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イヌエンジュ

エンジュに似たマメ科の落葉高木。北海道〜本州中部の山地にはえる。葉は互生し,奇数羽状複葉をなし,小葉は対生葉裏には細毛が密生する。7〜9月小枝の先に数個の総状花序を出し,長さ1cmほどの黄白色の蝶(ちょう)形花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イヌエンジュ【Maackia amurensis Rupr.et Maxim.ssp.buergeri (Maxim.) Kitam.】

エンジュに似たマメ科の落葉高木で,高さ10mに達し,北海道と本州中部地方以北の山地の林縁や林中に生える(イラスト)。葉は7~11枚の奇数の小葉をもつ羽状複葉で長さ20~30cm。小葉は暗緑色,厚質で卵形,長さ4~8cm,裏面には伏した軟毛がある。花期は7~8月,枝先の円錐花序に多数の蝶形花が集まる。花は白色で長さ10~12mm,旗弁は強くそり返る。おしべは10本で基部まで離れており,これはマメ科では原始的な性質である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌエンジュ
いぬえんじゅ / 犬槐
[学]Maackia amurensis Rupr. et Maxim. subsp. buergeri (Maxim.) Kitam.

マメ科の落葉高木で、高さ10~15メートル。葉は奇数羽状複葉、小葉は7~11枚、卵形で長さ4~8センチメートル。7~8月、その年に伸びた枝の先に複総状花序を出し、蝶形花(ちょうけいか)を多数つける。花は白く長さ10~12ミリメートル、蝶形花冠の旗弁(きべん)は強く反り返り、10本の雄しべは基部まで離生する。豆果は広線形で扁平(へんぺい)、長さ4~8センチメートル、上側の縫合線に沿って狭い翼がある。種子は3~6個。本州の愛知県以北、北海道の山中に生える。庭木とされ、材は美しくねばり強いので床柱、あるいはシタンの代用として家具、細工物に使われる。エンジュに似て非なるものの意味でこの名があるが、古来エンジュとよばれていたものは本種であって、のちに中国から渡来した槐(えんじゅ)いわゆるエンジュと混同されるようになり、これを避けるために本種にイヌをつけて区別するようになったものらしい。いまでも地方によっては両種を混同している所がある。エンジュは豆果が種子と種子の間でくびれて数珠(じゅず)状になり、果皮が肉質であるなどの特徴をもち、イヌエンジュとは異なる。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イヌエンジュの関連キーワードエンジュ(槐)フジキ(藤木)特用樹種街路樹大槐黒槐紫檀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヌエンジュの関連情報