イベール(英語表記)Ibert, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イベール
Ibert, Jacques

[生]1890.8.15. パリ
[没]1962.2.5. パリ
フランスの作曲家。 1911年パリ音楽院に入学,第1次世界大戦勃発により海軍士官を志願,戦後 19年ローマ大賞を獲得。「六人組」と呼ばれる現代フランス音楽の作曲家と同時代に属し,色彩的な管弦楽,入念な作曲法才気あふれた作品は,パリジャン特有の世界をつくりだしている。 37年ローマのフランス・アカデミー館長。作品は,交響組曲『寄港地』 (1922) ,『フルート協奏曲』 (34) ,ピアノ曲『物語』ほか多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イベール

フランスの作曲家。パリに生まれ,パリ音楽院に学ぶ。第1次世界大戦に海軍士官として従軍後同校に復学し,1919年カンタータ《詩人と妖精》でローマ大賞受賞。ローマ留学中に交響的組曲《寄港地》(1922年)を発表し,作曲家としての地歩を固めた。以後も,フランス近代音楽の伝統に即した手堅い作風を守り,ウィットに富む洗練された作品を発表。代表作に,ピアノ組曲《物語》(1922年),室内管弦楽のための《ディベルティメント》(1931年),モイーズに献呈された《フルート協奏曲》(1932年―1934年),《弦楽四重奏曲》(1944年)などがあり,映画音楽にも才気をみせた。第2次大戦後パリのオペラ座総監督などを務め,1956年アカデミー会員となる。
→関連項目フランセミヨー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イベール【Jacques Ibert】

1890‐1962
フランスの作曲家。パリ音楽院で学び,1919年カンタータ《詩人と妖精》でローマ大賞をうける。オネゲル,ミヨーと音楽院で僚友だった秀才だが,20世紀の音楽の歴史の曲り角にあって彼らとアカデミズムへの反逆をともにせず,継承をえらんで,伝統に即しながら新しい感覚をもりこんでゆこうとする折衷的な作風を採った。そしてときに耳を刺すきしむ響きもまじえながら,総体としては機知にとみ,〈フランス的明晰〉と優雅さ,良趣味の尊重をしめす作品の数々を生んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イベール【Jacques Ibert】

1890~1962) フランスの作曲家。管弦楽曲のほか協奏曲・オペラを残す。代表作、交響組曲「寄港地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イベール
いべーる
Jacques Ibert
(1890―1962)

フランスの作曲家。パリに生まれ、同地に没す。パリ音楽院に入学し、作曲をビダルに師事。1919年ローマ大賞受賞。その後作曲家として活躍するとともに、ローマのアカデミー・ド・フランスの館長(1937~60)を務め、第二次世界大戦後には国立オペラ劇場連合のための総監督などを歴任。56年にアカデミー会員に選出された。彼は鋭い感覚と自由な想像力を駆使して、ユーモアと風刺、あるいは気品と知性にあふれた多くの作品を書いた。代表作には交響組曲『寄港地』(1924初演)、オペラ『アンジェリク』(1927初演)、ピアノ組曲『物語』(1917)などがある。[寺田兼文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イベールの関連情報