コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージオルシコン イメージオルシコン image orthicon

5件 の用語解説(イメージオルシコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イメージオルシコン
イメージオルシコン
image orthicon

テレビジョンの画像を得るために,光学像を電気的信号に変換する撮像管の一種。 1946年アメリカの電機メーカー RCAで開発された。アイコノスコープの約 100倍の感度をもち,テレビカメラにビジコンとともに標準的に使用されたが,いまでは CCD (電荷結合素子) に取って代わられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イメージ‐オルシコン(image orthicon)

テレビの撮像管の一。電子ビームを用いるもの。1946年米国のRCA社が開発、60年代後半ころまで使われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イメージオルシコン

テレビ放送の初期に最も広く使われたテレビ撮像管。1945年米国のローズA.Roseらによって開発された。光電面の後方にある銅メッシュを張ったターゲットを,低速電子ビームで走査し,戻ってくる電子ビームを,電子銃のまわりの電子増倍器で増大するので,アイコノスコープに比べ高感度である。
→関連項目撮像管テレビカメラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

イメージオルシコン【image orthicon】

X 線医用テレビの高感度撮像管。1946年アメリカで開発され、白黒テレビに用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イメージオルシコン
いめーじおるしこん
image orthicon

テレビジョン用撮像管の一種。1946年アメリカのRCA社で開発されたもの。光電面、ターゲットガラス、ターゲットメッシュ、電子銃および電子増倍部などを内部に収めた電子管である。レンズを通して被写体の像を光電面上に結ばせると、その明暗に応じて光電面から光電子が放出され、これが加速されて、細かい網目でできているターゲットメッシュを通り抜けターゲットガラスに当たり、そこから二次電子を放出する。二次電子はターゲットメッシュにとらえられ、ターゲットガラスの表面に、元の光学像に対応した正の電荷分布が生ずる。一方、電子銃から発射された電子ビームによってターゲットガラスの裏面を走査して電気信号を映像信号に変換すると、像の明暗が変調された戻りビームが得られる。これをさらに電子増倍部で1000倍程度に増幅したのち、映像信号電流として外部に取り出す。
 イメージオルシコン以前の撮像管は感度が低く、日中の野外に相当する明るさが必要であった。イメージオルシコンはほぼ肉眼に近い感度をもっていたため、種々の条件で撮影が可能となったうえ、明暗に対する階調、すなわちコントラストもよいので、テレビジョンの爆発的な発展を促した。しかし、高価なわりに寿命が短く、また雑音が目だち、同じものを長く映していると焼き付いてしまうなどの欠点をもっている。その後カラー化が進んだこともあって、より解像度の優れたプランビコンやサチコンなどのビジコン系の撮像管の開発が進み、1960年代の後半からこれらの撮像管が使われるようになって、イメージオルシコンの時代は終わったといえる。[金木利之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイメージオルシコンの言及

【撮像デバイス】より


[撮像管]
 撮像管はアイコノスコープに始まり多数の管種が開発され,各種の用途に使用されている。光電面を使用するイメージオルシコンimage orthiconは,白黒テレビ時代の主力撮像管であったが,大型,高価であるため,高感度を必要とする特殊用途に少数用いられるだけになった。しかし,光電面は,真空中の光電子を加速して,反射もしくは透過形の二次電子増倍や電子衝撃による誘起導電性,蛍光面を使用しての光束の増倍など増倍機構を実現しやすく,超高感度撮像管に使用される。…

※「イメージオルシコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イメージオルシコンの関連キーワードモーフィング送像テレビTVプリンター月刊ザテレビジョンザテレビジョン工業用テレビジョン有線テレビジョン投写形テレビジョン共同テレビジョン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone