コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヨカン

2件 の用語解説(イヨカンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

イヨカン

 [Citrus iyoムクロジミカン科ミカン属の柑橘類の果実の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヨカン
いよかん / 伊予柑
[学]Citrus iyo hort. ex Tanaka

柑橘類(かんきつるい)の一種。山口県阿武(あぶ)郡東分(ひがしぶん)村(現萩(はぎ)市)で発見、穴戸蜜柑(あなどみかん)として世に紹介された。1883年(明治16)ころ、一説では1889年愛媛県に伝わり、イヨカンとして名をあげた。果実は不正球形ないし短卵形、約250グラム、果皮は橙(だいだい)色で厚さ約8ミリメートル、種子は1果中に約10個。甘味、酸味が適度に調和している。1~2月に採果、貯蔵し、4月出荷する。ナツミカンより低温でも栽培可能である。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヨカンの関連キーワードブンタンウンシュウミカンキシュウミカンキヌカワキンコウジクネンボサンボウカンナツダイダイハッサクユズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヨカンの関連情報