コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヨカン

2件 の用語解説(イヨカンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

イヨカン

 [Citrus iyoムクロジミカン科ミカン属の柑橘類の果実の一つ.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヨカン
いよかん / 伊予柑
[学]Citrus iyo hort. ex Tanaka

柑橘類(かんきつるい)の一種。山口県阿武(あぶ)郡東分(ひがしぶん)村(現萩(はぎ)市)で発見、穴戸蜜柑(あなどみかん)として世に紹介された。1883年(明治16)ころ、一説では1889年愛媛県に伝わり、イヨカンとして名をあげた。果実は不正球形ないし短卵形、約250グラム、果皮は橙(だいだい)色で厚さ約8ミリメートル、種子は1果中に約10個。甘味、酸味が適度に調和している。1~2月に採果、貯蔵し、4月出荷する。ナツミカンより低温でも栽培可能である。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イヨカンの関連キーワードキンコウジ松本伊代伊予銀行伊予鉄道伊予(市)ウンシュウミカンオレンジカボスキシュウミカンキヌカワ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヨカンの関連情報