コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクリオン イラクリオン Iráklion

4件 の用語解説(イラクリオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラクリオン
イラクリオン
Iráklion

イラクリオ Iráklioともいう。古代ギリシア語読みではヘラクレイオン Hērakleion。ギリシアエーゲ海南縁部,クレタ島中部北岸にある都市。同島最大の都市で,主要港。先史時代クレタ文明の中心地であったクノッソスの北西約 5kmの地にあり,クノッソスの外港として繁栄したものと考えられるが,現在の市は9世紀に島を占領したアラブ人が建設した町から発展したものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イラクリオン

ギリシア,クレタ島の中心都市。島北岸にある港市で,工業・商業の中心地。ブドウオリーブの集散・加工が行われる。古代クノッソスの外港で,南東郊外にクノッソス宮殿跡,クレタ島で発掘されたほとんどの遺跡の出土品を収めた博物館などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イラクリオン【Iráklion】

ギリシア南部,クレタ島の町。人口11万7000(1991)。公式にはHerákleionと綴る。クレタ島第1の町であり,重要な海港でもある。ブドウ酒,皮革,セッケンなどの軽工業がある。クレタ文明の中心地クノッソスはこの町のすぐ南にあり,イラクリオンはその港であった。ローマ時代にはヘラクレウムHeracleumと呼ばれ,中世を通じてはカンディアCandiaの名で知られた。9世紀にクレタ島はイスラム勢力に占領されたが,13世紀の初めベネチアの支配下に入り,今も残る堅固な城砦が築かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラクリオン
いらくりおん
Irklion

ギリシア南部、クレタ島中東部を占めるイラクリオン県の県都。旧称カンディアCandia。人口13万7711(2001)。島の北岸にあり、エーゲ海に臨む港湾都市。同島でもっとも肥沃(ひよく)な農業地帯を背後にもち、農産物の集散および加工(とくにオリーブ油を原料とするせっけん製造)が盛んである。島の征服者サラセン人が建設。13~17世紀にはベネチア領。1669年クレタ島がオスマン帝国の支配下に入って以来、政治、経済、文化の中心地となって栄えた。南東郊外に古代クレタ文明の中心地クノッソスの都市遺跡があり、市内にその出土品を収めた博物館がある。地中海東部の戦略上の一拠点として、アメリカ空軍基地がある。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラクリオンの関連キーワードカニアカラマタクレタ島ペロポネソス半島イディ山Μαλιάベニゼーロスジェーラトルコ・ギリシア戦争クレタ島の牡牛

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラクリオンの関連情報