コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インカ帝国 インカていこくInca empire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インカ帝国
インカていこく
Inca empire

南アメリカ北西部のアンデス高原に興った帝国。メソアメリカのマヤ,アステカの両帝国とともに古代アメリカ文明を代表する。 1200年頃に興り,1532年スペイン人に征服された。文字をもたなかったため,帝国の歴史と生活の実態はスペイン人年代記作者 (クロニスタ) の記録および考古学,民族学の研究により再編成されている。インカ帝国は当初クスコを中心とする一小部族社会にすぎず,帝国の始祖マンコ・カパックから第7代までの皇帝は伝説的存在だった。インカ帝国の急速な拡大は第9代のパチャクティ皇帝 (在位 1438~71) および第 10代トゥパク・インカ (在位 71~93) 時代の 30年間に行われた。近隣のルパカ族,チャンカ族を討ち,チムー王国を征服して最盛期を迎え,その版図は現在のエクアドルからチリの中央部に及ぶ 100万 km2 (日本の約3倍) ,人口約 600万を擁する大帝国となった。帝国の基盤は閉鎖的村落共同体 (アイユー) を中心とする農耕社会にあり,土地と家畜はほとんど国有とされ,その独特な農地政策は一種の社会保障の役割を果した。帝国は4つの県 (スーユ) に分れ,4人の県知事が皇帝の下で帝国の政治を担当した。帝国拡張政策は巧みで,被征服民族を移住させる制度 (ミティマ) が採用されて,未開拓地の開発と反乱抑制がはかられた。皇帝を頂点に貴族,神官,平民というピラミッド形をなす中央集権的な階層社会は流動性に乏しく,生産,消費から個人の生活にいたるまですべてが国家の統制下にあった。皇帝 (インカと呼ばれた) は太陽の化身で絶対的権力をもち,その血縁者は被征服民の首長 (クラカ) とともに貴族階級を構成した。神官も諸階級に分れ,平民は農耕のほか軍務や土木事業,鉱山の賦役労働 (ミタ) に動員され,一部は工芸に従事した。しかしながら高度に組織化され,その秩序を誇った帝国も,1532年内紛を起し,その内紛に乗じた F.ピサロとわずか 200人のスペイン人の手で翌年あえなく征服された。第 13代皇帝アタワルパ (在位 1532~33) の処刑でインカ帝国はついえたが,帝国の整った行政・社会組織はスペイン植民地体制内に温存されることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インカ‐ていこく【インカ帝国】

ペルー南部のクスコを中心に、15世紀から16世紀にかけて繁栄したインカ族の国。最盛期にはエクアドルからチリにまで及ぶ大帝国となった。太陽神を信仰し、その子とされる王を頂点とする君主制をとった。巨石建築物や黄金細工、織物などの高い文化を有したが、文字はない。1533年、スペインのピサロによって最後の王アタワルパが処刑され、滅亡。クスコやマチュピチュに遺跡が残る。→インカ
[補説]インカ帝国はヨーロッパ人による呼称。インカ人は自身の国土をタワンティンスーユ(「四つの地方」の意)と称した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

インカていこく【インカ帝国】

南アメリカ、アンデス山中にケチュア語系のインカ族が建設した国家。ペルーのクスコを都とし、一五世紀末に最盛期を迎え、その版図はんとは北はエクアドル、南はチリに及んだ。トウモロコシ・ジャガイモを栽培し、巨大な石造建築・土木灌漑かんがい・織物などの高度な文明を有した。1533年スペイン人ピサロらによって征服された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のインカ帝国の言及

【アンデス文明】より

…北海岸ではモチカの伝統をひくチムー,南海岸ではナスカの系統のイカなど大きな王国ができ,高地では,カハマルカ,ワンカ,チャンカ,ルパカなど諸民族が支配圏の拡大を競っていた。そのような抗争のなかから,南高地のクスコの谷間に生まれたインカ族が強力になり,15世紀後半にはペルー・アンデスの全土をはじめ,それまでのアンデス文明の範囲をこえて,コロンビアからチリにまたがる地域を征服し,インカ帝国を建設した。しかし,インカ帝国は,1532年F.ピサロを筆頭にしたスペイン人によって征服され,それとともにアンデス文明の歴史も終わる。…

【インカ文明】より

ピサロの率いるスペイン人が侵入したのは,ちょうどそのころで,奸計によりアタワルパ王は捕らえられ,莫大な身代金を積んだにもかかわらず処刑され(1532),大帝国はもろくも滅びた。 インカ帝国は皇帝を頂点とし,底辺の広いピラミッド形の社会組織をとる。血縁者である貴族,占領地の王族,族長,戦功あった指揮官から昇格した貴族,そして人民の大部分を占める農民の階層から成る。…

【太陽】より

…太陽の女神,天照大神を皇室の祖神とする日本もその一例である。南アメリカでは太陽崇拝はインカ帝国で発達しており,太陽は王家の祖先神とみなされていたし,またインカ帝国は征服した諸民族にも太陽崇拝を強制した。インカの支配領域のいたるところに,太陽神のための神殿が建てられたが,帝国の首都クスコの太陽神殿では,太陽は巨大な黄金の円盤で表されていた。…

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より

… 新大陸におけるもう一つの高文明地帯である中央アンデス地域でも,海岸地帯などでは古い時代からトウモロコシ耕作を基礎とする農耕文化が発達してきた。また,15世紀に中央アンデスのほぼ全域を統一したインカ帝国は,中心地こそ寒冷な高地にあったが,周辺の温暖な谷間を利用して階段耕作によりトウモロコシの大量栽培が行われていた。このトウモロコシ栽培用の階段耕地はきわめて大規模で,しかもインカの石積み技術を駆使して精巧につくられたものが多かった。…

【ビラコチャ】より

…インカ帝国8代目の皇帝とされる人物。ビラコチャ神が夢の中で加護を約束したことから,この名を名のった。…

【フトイ(太藺∥莞)】より

…独特の利用法としては,南アメリカのアンデス山地標高3000~4000mのチチカカ湖周辺で,原住民のシマラ族はそこに生えるフトイの1種のトトラS.californicus Palla ssp.totora (Kunth) T.Koyamaの茎を多数束ねてカヌー式のボートを作ったり,彼らの住居の屋根や壁にしたりするほか,根茎も食用にしている。インカ帝国でもこの根茎が食用とされていたことが最近明らかにされた。【小山 鉄夫】。…

【ボリビア】より

…紀元後9世紀から11世紀にかけて,このティアワナコ文化は中央アンデス全域に広まった。15世紀に入るとアイマラ族はケチュア族のインカに征服され,同地はインカ帝国領となった。インカ帝国は1533年にピサロの率いるスペイン軍に征服され,スペイン植民地となった。…

※「インカ帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インカ帝国の関連キーワードカパック・ニャン アンデスの道トゥパク・インカ・ユパンキサンペドロデアタカマはるかなる黄金帝国オリャンタイタンボコンキスタドーレスコンキスタドレスピキリャクタ遺跡マチュピチュ遺跡タンボマチャイパレドネス遺跡シルスタニ遺跡パチャカマックチンチェーロ7つの黄金郷ビルカバンバアマンタニ島コリカンチャミラフロレスインカ文明

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インカ帝国の関連情報