インゴルシュタット(英語表記)Ingolstadt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インゴルシュタット
Ingolstadt

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ニュルンベルクミュンヘンのほぼ中間,ドナウ川の渡河点にある。 806年に地名が現れ,1250年に都市権獲得。 1392年以後はバイエルン=インゴルシュタット公の居地となった。 1472~1800年の間バイエルン大学の所在地として知られ,19世紀には要塞都市となった。現在も旧市街を取巻く厚い囲壁が残存する。レーゲンスブルク-ウルム間,ニュルンベルク-ミュンヘン間の両鉄道線の交点にあたり,工業は自動車,機械,繊維などのほか,特にジェノバとマルセイユからパイプラインが通じ,石油精製,石油化学工業が発達した。旧市には 14世紀の城壁の一部や市門,15世紀の寺院,城館跡の博物館などがある。人口 12万4387(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インゴルシュタット【Ingolstadt】

ドイツ南部,バイエルン州の都市。ドナウ左岸に位置する。人口11万1000(1995)。1250年ころバイエルン大公により設立され,塩,ブドウ酒穀物集散地として発達。1472年,大学(ミュンヘン大学の前身)がおかれた。16世紀以降,要塞都市として発展し,1632年にはスウェーデン軍の猛攻を退けた。第1次大戦後は工業化に活路を求め,現在は,長距離パイプラインの結節点として石油精製の一大中心地。後期ゴシックの大聖堂(1425‐1536),新・旧宮殿,城郭などが残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インゴルシュタット
いんごるしゅたっと
Ingolstadt

ドイツ南部、バイエルン州、ドナウ川に臨む工業都市。人口11万5700(2000)。ドナウ川が分流していた時代、渡渉に便利な地点であったので、先史時代、近くにケルト人の集落があった。その後14世紀ごろから流路の改修が進められ、交易が盛んになり、バイエルン公の城下町となって発展した。15世紀には、現在ミュンヘンにある大学が建てられたが、その後の打ち続く要塞(ようさい)都市化によって、1802年にランツフートに移された。第一次、第二次両世界大戦後、一変して工業化が進められた。自動車工業がその原動力となったが、1960年代には石油のパイプラインが引かれ、バイエルン州の石油精製と石油化学工業の中心地となった。[石井英也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インゴルシュタットの関連情報