コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダンスレン染料 インダンスレンセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

インダンスレン‐せんりょう〔‐センレウ〕【インダンスレン染料】

indanthreneコールタールを原料とするアントラキノン系の一群の染料。青色に特徴があり、あせにくく、木綿などに用いられる高級染料。スレン染料

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

インダンスレン染料【インダンスレンせんりょう】

スレン染料とも。建染(たてぞめ)染料の一種。1901年にドイツのR.ボーンが発明したインダンスレンがその代表。高級染料で,色調は黄〜黒と広く,特に日光,洗濯に強いが,製造法が複雑なために高価。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インダンスレンせんりょう【インダンスレン染料 indanthrene dye】

建染染料のうち,インジゴイド染料およびフタロシアニン系染料を除いた,多環式キノンを母体とするものの総称。単にスレン染料threne dyeともいう。インダンスレンはその代表的なものである。セルロース繊維用の染料として最高の堅牢度をもつ高級染料で,構造,製法が複雑で,したがって値段も高い。色調も黄~橙~赤~紫~青~緑~灰~黒と非常に広く,鮮明である。ドイツおよびスイスでは合成染料中の割合が20~30%に達するが,日本では少ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インダンスレンせんりょう【インダンスレン染料】

一群の建染め染料の総称。主にアントラキノン系の染料。木綿の染色に用いられ、色彩・色調ともに変化に富み、あせにくい。スレン染料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インダンスレン染料
いんだんすれんせんりょう
indanthrene dyes

2-アミノアントラキノンをアルカリ融解して得られるインダンスレンブルーRSN(インダントロン)をはじめとする高級バット染料の総称。アントラセンから得られる「インジゴ様染料」Indigohnlicher Farbstoff aus Anthracenの意味で命名され、インダンスレンの名は、のちに最高級の堅牢(けんろう)度を有し色調も美しいバット染料の冠称となった(インダンスレン級という)。本来はドイツでの登録商標であり、日本ではスレン染料という。アントラキノン誘導体、縮合多環キノン誘導体など多種類のものがある。色調も青、緑から黄、黒に及ぶ多様さで、130種以上のものが出されている。ただし赤色系に難点があり、チオインジゴイド染料が赤色系のインダンスレン染料として含まれている。染料が高価であり、染色操作もむずかしいので、日本では最高級の木綿の染色などに用いられている。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インダンスレン染料の関連キーワード建染め染料・建染染料チオインジゴ建染め染料蛍光染料建染染料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android