インドネシア語派(読み)インドネシアごは(英語表記)Indonesian languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドネシア語派
インドネシアごは
Indonesian languages

メラネシア語派ポリネシア語派と並ぶ,オーストロネシア語族の3つの語派の一つ。西方,北方,東方の3語群に大別される。西方語群は,マダガスカルのマラガシー語,スマトラのバタック語,マレー半島やインドネシアのマレー語,ジャワのスンダ語,マドゥラ語,古くから豊富な文学をもつジャワ語など。古代ジャワ語はカウィ語の名で知られている。北方語群は,スラウェシ (セレベス) 島のミナハサ語,マカッサル語,ボルネオのダヤク語,フィリピンタガログ語,ビサヤ語,台湾先住民諸語,マリアナ諸島のチャモロ語など。東方語群はスラウェシ島のウォリオ語などであるが,未知の点が多い。西方語群のマレー語が孤立語的性格を有するのに対し,北方語群のチャモロ語は接辞による複雑な文法体系を示しているのが目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インドネシア‐ごは【インドネシア語派】

マレー‐ポリネシア語族の一語派。インドネシアを中心としてマダガスカル島マレー半島インドシナ半島フィリピン台湾ミクロネシア西部に分布する。インドネシア共和国公用語であるインドネシア語は、この語派に属するマレー語の一種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

インドネシア語派【インドネシアごは】

アウストロネシア語族の西方語派。マダガスカルのマラガシー,マレー半島のマレー語,インドネシア共和国のバハサ・インドネシア(インドネシア語),スマトラ島のバタク,アチェ,ガヨ,ジャワ島のジャワ(ジャワ語),スンダ,マドゥラ,スラウェシ島のミナハサ,トラジャ,マカッサル,ボルネオ島のダヤク,フィリピンのタガログ(タガログ語),ビサヤ,台湾の高山,マリアナ諸島のチャモロ,パラオ諸島のパラオ,その他マレー諸島,ニューギニア西部の諸言語を含む。
→関連項目ダヤクトラジャパイワンブヌンプユママカッサルミクロネシア諸語ローマ字

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドネシアごは【インドネシア語派 Indonesian】

アウストロネシア語族のうちの西部に行われる諸言語で,現在では,東部語派(オセアニア語派)に対して西部語派Western Austronesian,あるいはヘスペロネシア語派Hesperonesianと呼ばれることが多い。インドネシアを中心に,北は台湾から南はロティ島,西はマダガスカル島から東は西イリアンの中央付近までに分布する諸言語の総称だが,東部語派との境界がどこにあるかは,調査不十分な言語も多いためまだ明らかでない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインドネシア語派の言及

【アウストロネシア語族】より

…正確な言語数は不明だが,おそらく800~1000にのぼるものと推定され,言語数と地域的広がりの点では世界最大の語族である。
[分類と故地]
 アウストロネシア語族は,通常,大別して西部語派(インドネシア語派あるいはヘスペロネシア語派ともいう)と東部語派(オセアニア語派ともいう)の二つに分類されるが,台湾の高山族諸語をそれらに対立する第3の語派と認めるか否か,そして西部語派と東部語派の地理的な境界線は西イリアンのどのあたりにあるのか,についてはいまだに議論が多く,結論を得るにいたっていない。古くはアウストロネシア語族をインドネシア語派,メラネシア語派,ポリネシア語派に三大別する学者もいたが,現在では後2者は東部語派の下位区分にすぎないものと考えられている。…

【東南アジア】より

…しかし例えば,今日の採集狩猟民は,旧石器時代の生活様式をそのまま保存してきたのではなく,農耕民が存在することを前提として特殊な発展を遂げた採集狩猟民であるように,共存によって民族間関係の体系が生まれ,また変化していくのである。
[語族,民族の形成と移動]
 東南アジア大陸部におけるおもな語族としては,アウストロアジア(南アジア)語族のモン・クメール語派,シナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派,カム・タイ語派(タイ諸語),アウストロネシア(南島)語族のインドネシア(ヘスペロネシア)語派がある。 モン・クメール語派はインドのムンダ諸語とともにアウストロアジア語族を形成しており,この語派の言語を話す人々は採集狩猟民(ピー・トン・ルアン,セマン),穀物焼畑耕作民(ラメート族ワ族など),平地水稲犂耕民(モン族クメール族,ベトナム人)というように,さまざまな生活様式にわたっている。…

【マレー語】より

…アウストロネシア語族のインドネシア語派に属する一言語で,マレー民族の固有語。マライ語ともいう。…

※「インドネシア語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android