イーストロンドン(英語表記)East London

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南アフリカ共和国東ケープ州南部,インド洋に臨む港湾都市。アフリカーンス語では Oos-Londen。1836年この地に開港したイギリス人のレックスにちなんでポートレックスと呼ばれたが,1847年第7次カフィル戦争の補給基地となり,翌 1848年ケープ植民地に組み入れられて現名称に改名。1873年自治権を得,1914年に市になった。市街はバファロー川河口東岸の高台を中心に発達し,西岸とは道路,鉄道両用の橋で結ばれる。目抜き通りのオックスフォード通り,海水浴場の海岸に沿って北東に延びる海岸通りなど広い街路が発達し,19世紀末建造の市役所,裁判所,第2次世界大戦後の中央市場など,新旧の建造物,工科大学,美術館,水族館,動物園,博物館などがある。空港,港湾設備をもつ交通の要衝羊毛毛織物,石鹸,靴,果物の缶詰,自動車組み立てなどの諸工業や水産業,商業が盛ん。おもにトウモロコシ,羊毛などを輸出し,石油,木材,穀物などを輸入。西のキングウィリアムズタウンと連接して大都市圏を形成している。人口 13万5560(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android