コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースト・ロンドン イーストロンドン

2件 の用語解説(イースト・ロンドンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イースト・ロンドン

アフリカ共和国南東部,東ケープ州バッファロー河口の港湾都市。農畜産物の輸出港で漁業基地。第2次大戦後大ドックが完成し,機械・繊維・皮革・食品工業行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イースト・ロンドン
いーすとろんどん
East London

南アフリカ共和国、東ケープ州の港湾都市。人口21万2323(1996)。バッファロー川河口に位置し、インド洋に面する同国有数の天然の良港をなす。港は東岸埠頭(ふとう)(1000メートル)と西岸埠頭(460メートル)からなり、造船所、石油精製所などの施設をもつ。東ケープ州、自由州南部の農産物(トウモロコシ、羊毛、柑橘(かんきつ)類、冷凍肉)の積出し港であり、機械、自動車組立て、繊維、缶詰、家具工場などの工業都市でもある。1830年代には、入植者と先住のアフリカ人との間で起きたカフィール戦争の補給基地として、帆船クニスナ号が初めて河口に投錨(とうびょう)し、ポート・レックスと称した。47年にはグラモーガン要塞(ようさい)が建てられ、ケープ総督のH・スミスによってイースト・ロンドンと命名された。町は初め西岸にあったが、ケープ東部鉄道駅が東岸にできてから東岸部が発展し、西岸部は工業地帯となっている。博物館、ゴルフコース、自動車レース場などの施設をもつ。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イースト・ロンドンの関連情報