コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースト・ロンドン イーストロンドン

2件 の用語解説(イースト・ロンドンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イースト・ロンドン

アフリカ共和国南東部,東ケープ州バッファロー河口の港湾都市。農畜産物の輸出港で漁業基地。第2次大戦後大ドックが完成し,機械・繊維・皮革・食品工業行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イースト・ロンドン
いーすとろんどん
East London

南アフリカ共和国、東ケープ州の港湾都市。人口21万2323(1996)。バッファロー川河口に位置し、インド洋に面する同国有数の天然の良港をなす。港は東岸埠頭(ふとう)(1000メートル)と西岸埠頭(460メートル)からなり、造船所、石油精製所などの施設をもつ。東ケープ州、自由州南部の農産物(トウモロコシ、羊毛、柑橘(かんきつ)類、冷凍肉)の積出し港であり、機械、自動車組立て、繊維、缶詰、家具工場などの工業都市でもある。1830年代には、入植者と先住のアフリカ人との間で起きたカフィール戦争の補給基地として、帆船クニスナ号が初めて河口に投錨(とうびょう)し、ポート・レックスと称した。47年にはグラモーガン要塞(ようさい)が建てられ、ケープ総督のH・スミスによってイースト・ロンドンと命名された。町は初め西岸にあったが、ケープ東部鉄道駅が東岸にできてから東岸部が発展し、西岸部は工業地帯となっている。博物館、ゴルフコース、自動車レース場などの施設をもつ。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イースト・ロンドンの関連キーワードブリンクアフリカーンス語ケープケープタウン中央アフリカ共和国ボーア人ラント南ア南アフリカ南アフリカ連邦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イースト・ロンドンの関連情報