コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィニペグ[湖] ウィニペグ

2件 の用語解説(ウィニペグ[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウィニペグ[湖]【ウィニペグ】

カナダ,マニトバ州の大湖。南北約380km,東西約90km,面積約2万3750km2,湖面標高217m。洪積世の大氷河湖であるアガシー湖の残存部分であり,付近に氷河湖が多い。
→関連項目ウィニペゴシス[湖]サスカチュワン[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィニペグ[湖]【Lake Winnipeg】

カナダ中央部,マニトバ州の湖。面積2万4520km2,湖面標高217m,最大深度64m。カナダ楯状地外縁部の巨大湖沼群の一つ。南北に細長く,その長さは約440kmに達する。洪積世に存在した巨大湖アガシー湖Lake Agassizの名ごりである。ネルソン川水系最大の湖で,上流からウィニペグ川レッド川が流入し,北端からはネルソン川がハドソン湾へ向けて流出する。湖名はクリー・インディアンの言葉に由来し,〈濁った水〉を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィニペグ[湖]の関連キーワードウィニペググレナダ中央アフリカ共和国リジャイナ高知マニトバ灸花カナダ雁スパッカナポリ日系カナダ人の強制収容

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone