ウィルヘルム(2世)(読み)うぃるへるむ(英語表記)Wilhelm Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウィルヘルム(2世)」の解説

ウィルヘルム(2世)
うぃるへるむ
Wilhelm Ⅱ
(1859―1941)

ドイツ皇帝兼プロイセン王(在位1888~1918)。フリードリヒ3世の長子。通称カイザー。父王がわずか99日の治世で没したのち、29歳で即位。明敏な頭脳、巧みな話術など素質に恵まれていたが、性格が不安定なうえ、保守的思想の持ち主であった。即位後まもなく宰相ビスマルクと社会民主党対策、対ロシア外交などをめぐって対立、1890年3月彼を罷免した。親政の開始とともに、社会主義者鎮圧法を撤廃、社会政策の拡充を図るなど社会改良政策を進めた(「新航路」の時代)が、それにもかかわらず社会民主党の進出が止まらないのを憤り、94年ふたたび弾圧政策に戻った。一方、彼は「ドイツの未来は海上にあり」として、積極的な対外膨張政策、いわゆる「世界政策」を展開した。97年中国でドイツ人宣教師が殺されると膠州(こうしゅう)湾を占領、山東省をドイツの勢力圏に組み入れ、またバルカンや西アジアへの進出に熱中して、自らトルコを訪れ、バグダード鉄道の敷設権獲得に力を貸した。また、世界政策の道具として大艦隊の建造に着手、国民の間に海軍や植民地に対する熱狂を呼び覚ました。しかし、対外膨張は他の列強との間に摩擦を増大させ、1904年以降イギリスはフランスに接近し、これに07年ロシアも参加して三国協商が成立した。深まる孤立から脱出するため、ドイツは05年と11年の二度にわたってモロッコ事件を引き起こしたが、英仏の結束は逆に固まった。彼は独裁者を気どって芝居がかった行動をとることが多かったが、その軽率な判断がしばしば逆効果を生んだ。08年、英紙記者に、英独関係改善を願ってした彼の発言が、かえって両国の関係を悪化させた「デーリー・テレグラフ事件」もその一例である。以来彼は自信を失い、政治の実権は彼の手を離れ、第一次世界大戦中に軍部の独裁が成立した。18年11月、敗戦に続き革命が起こると、彼は退位してオランダに亡命、以後余生をそこで送り41年6月4日没した。

[木谷 勤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android