コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルヘルムスハーフェン ウィルヘルムスハーフェン Wilhelmshaven

4件 の用語解説(ウィルヘルムスハーフェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルヘルムスハーフェン
ウィルヘルムスハーフェン
Wilhelmshaven

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州の都市。北海のウェーザー川河口の西隣にあるヤーデ湾に,1853年プロシアウィルヘルム1世海軍基地として建設した。 69年から現在の名称。後背地と結ぶ川をもたないが,第2次世界大戦後は石油輸入港となり,ケルン近くの製油所まで延長約 400kmのパイプラインが通じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィルヘルムスハーフェン

ドイツ北部,ニーダーザクセン州の港湾都市。石油の積替港。海軍根拠地。機械・電機工業が行われる。大学,海洋生物学研究所,鳥類研究所,航海博物館がある。9万4000人(2005)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルヘルムスハーフェン【Wilhelmshaven】

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州の港湾・工業都市。人口9万1000(1991)。北海に臨むヤーデ湾に面し,1869年プロイセンの軍港として発足,以来,造船所を有する重要な海軍基地に発展した。第2次大戦による破壊後,水深を利して石油輸入港として復興。ルール工業地帯とは全長477kmのパイプラインで連絡し,石油化学,造船業のほか,海洋地質学・生物学研究所,鳥類研究所などがあり,夏は海水浴客でにぎわう。【山本 秀行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルヘルムスハーフェン
うぃるへるむすはーふぇん
Wilhelmshaven

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の港湾と工業の都市。人口8万5300(2000)。市街地は、北海に直結するヤーデブーゼン湾北西岸の低湿地に広がり、ドイツの北海沿岸唯一の天然の良港をもっている。従来からの造船に加えて、第二次世界大戦後、化学、事務機器などの工業が立地した。またドイツ最大の石油輸入港となり、ライン・ルール工業地帯にパイプラインが通じている。1853年にプロイセン領となり、軍港が築かれて繁栄し、1956年にふたたび北大西洋条約機構NATO(ナトー))の海軍基地となった。海洋関係の官庁や研究所が多い。付近に海水浴場、キャンプ場が開け、夏には保養客が集まる。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィルヘルムスハーフェンの関連キーワードオルデンブルクシュターデツェレハノーバーヒルデスハイムリューネブルガーハイデアウトシュタットウォルプスウェーデザクセンアンハルトニーダーザクセン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone