コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェゲナー Wegener, Alfred Lothar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェゲナー
Wegener, Alfred Lothar

[生]1880.11.1. ドイツベルリン
[没]1930.11. デンマーク領グリーンランド
ドイツの地質学者,気象学者。ベルリン大学とハイデルベルク大学で天文学,気象学を学び,1919年ハンブルク大学教授,1924年グラーツ大学教授。4回にわたってグリーンランド探検隊に加わり,極地の気団を研究。大気に関する運動力学,熱力学,光学,音響学的研究で知られているが,特に有名なのは,1912年の大陸移動説の提唱である。当時は学界で認められず,不遇のうちにグリーンランド探検中に遭難死した。主著に『大陸と海洋の起源』Die Entstehung der Kontinente und Ozeane(1915)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウェゲナー

ドイツの気象・地球物理学者。ベルリン生れ。ベルリン大学等で天文学を学び,1919年ハンブルク大学教授,1924年グラーツ大学教授。1911年に特色ある大気構造論などを含む《大気熱力学》を著し,1912年には大陸移動説を発表。
→関連項目シアルパンゲア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェゲナー【Alfred Lothar Wegener】

1880‐1930
ドイツの地球物理学者。大陸移動説の提唱者として知られる。牧師の子としてベルリンに生まれ,ハイデルベルク大学,インスブルック大学で学び,1905年に惑星運動の計算によってベルリン大学で学位を得た。その後高層気象に興味を示し,凧(たこ)や気球を用いて観測を行った。06年4月6日から8日まで兄クルトと共にドイツとデンマークを風に乗って往復し,当時としての自由気球による滞空記録をつくった。同年,デンマークの企画したグリーンランド探検に招かれて参加し,ふた冬にわたって気象と氷河を観測した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェゲナー
うぇげなー
Alfred Lothar Wegener
(1880―1930)

ドイツの気象・地球物理学者。ベルリン大学、ハイデルベルク大学で天文学、気象学を学び、ドイツ海洋気象台理論気象部長兼ハンブルク大学教授(1919)、グラーツ大学教授(1924)などを歴任した。グリーンランドの探検を3回にわたって行い、3回目の帰途に遭難死亡した。1911年には大気構造論や大気熱力学理論を発表し、1912年には大陸移動説を唱え、1915年『大陸と大洋の起源』を著して地質学界に波紋を投じた。大西洋両岸の海岸線の相補性、海を隔てた大陸の古生物の共通性、赤道近くに存在する氷河遺跡などから、古生代末の原始大陸が、分裂、移動して今日の大陸の分布となったと考えた。この説は、大陸を移動させる原動力としてどんな力が考えられるか、などの不明確な点を残していたので長い間顧みられなかったが、1960年代以後、古地磁気学の研究やマントル熱対流論などの地球物理学の進展に伴い、にわかに評価されるようになった。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウェゲナーの言及

【古地磁気】より

…極移動曲線が一致するように地域の相対位置を移動させる大陸移動説が出されてきた。A.L.ウェゲナーは1912年に大陸移動説を唱えているが,この説が古地磁気学によって復活し,動かぬ事実となった。これ以外に第三紀の初期に西南日本と東北日本がフォッサマグナの所で約40度折れ曲がったこと,イギリスが三畳紀に30度回転したこと,紅海が以前は閉じていたことなど,プレートテクトニクスの証拠を数多く提供したのも古地磁気学であった。…

【大陸移動説】より

…大西洋両岸の海岸線の一致,古い地層や動植物の分布,古気候(氷河や石炭層,サンゴ礁などの分布),造山運動の成因などを説明するのに,アジア・ヨーロッパ(ユーラシア),アフリカ,南北アメリカ,インド,オーストラリアなどの諸大陸はその形や面積を大きくは変えないままで地表を水平に移動したと仮定して統一的に説明しようとする学説。ドイツのA.L.ウェゲナーが1912年に二つの論文として発表し,15年に《大陸と海洋の起源》と題する本として出版したのが本格的な学説としてとりあげられた最初とされる。 大西洋の両岸の海岸線の形がよく似ていることは1620年にイギリスの哲学者F.ベーコンによって指摘されていたが,長い間これは聖書に記された大洪水によって削られてできたと考えられていた。…

※「ウェゲナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウェゲナーの関連キーワード進行性鼻壊疽(ウェゲナー肉芽腫症/非腫瘤型T細胞リンパ腫)ヘス(Harry Hammond Hess)アルフレッド・L. ウェゲナー膠原病(こうげんびょう)グサヴィエ ルピション鼻のしくみとはたらきプレートテクトニクスその他の血管性紫斑病ウェゲナー肉芽腫症W.P. ケッペンクルト ウェゲナーローラシア大陸ゴンドワナ大陸H.H. ヘスジェフリーズウェーゲナー進行性鼻壊疽好酸球性肺炎大陸成長説萎縮性鼻炎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android