コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスタ Vesta

翻訳|Vesta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェスタ
Vesta

ギリシア神話のヘスチアに対応する古代ローマの火とかまど女神インドアグニなどとも共通するインド=ヨーロッパ語族の古い火神の性質を継承し,常に燃続ける聖火の形で祭祀された。彼女に仕えるウェスタリスと呼ばれる女祭司は,その職務にある間は絶対に処女を保たなければならず,違反すれば生埋めの刑に処された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェスタ【Vesta】

古代ローマのかまどの女神。ギリシア神話ヘスティアにあたる。彼女は各家庭で崇拝されると同時に,国家のかまどの女神としてローマ人の精神的支柱の一つであった。伝承によれば,2代目の王ヌマが彼女の崇拝を制定し,ローマのフォルムの南にいにしえのわらぶき農家をかたどった円形神殿を建てたという。その神殿には神像はなく,かわりに国家の永続性を象徴する聖火が燃え,ウェスタリスVestalisと呼ばれる女祭司(当初は2人,のちに6人)がこれを見守った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウェスタ【Vesta】

古代ローマ神話のかまどの女神。神像はなく、火が崇拝対象とされる。家庭のみならず国家のかまどの神としてローマのウェスタの神殿に聖火が燃え続け、清純な女性の祭司たちによって守られた。ギリシャ神話のヘスティアと同一視される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェスタ
うぇすた
Vesta

ローマ神話の竈(かまど)の女神。ギリシアのヘスティアと同一視された。ウェスタは円形の祠堂(しどう)に祀(まつ)られているが、その神像はなく、永遠に消えぬ火が崇拝の対象となった。家庭で崇拝されるとともに、国家の竈の神とされ、その神殿ではウェスタリスとよばれる処女の祭司たちによって絶えず火が保たれていた。この祭司団は、ロムルスの母でウェスタの巫女(みこ)であったレア・シルウィアをたたえて、ヌマ王が設立したものである。ウェスタは、ローマの神々のうちでもっとも古い系列に属する。また、ギリシアのヘスティアとは語源、祭祀(さいし)上から同源であり、ギリシア語、ラテン語の分離以前から崇拝の対象とされていた。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウェスタの言及

【ローマ】より

…ローマでは王自体が祭司の機能を果たしていたらしく,建国神話においても都市の起源がポメリウムpomeriumと呼ばれる神聖な円い土地に求められ,共和政期を通じて,そこは神聖な領域として保持され続けたこともローマ国家と宗教の強固なつながりを示す。国家の成長に伴って神官も増えた(サリ神官団,ユピテル祭司団,ウェスタの巫女)。古くは神官は貴族が独占し,のちになってもよい家柄の市民の就くべきものだったが,それは特殊な専門職ではなく,他の役職と同じく市民の公的政治経歴の一部をなしていた。…

※「ウェスタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウェスタの関連キーワードニルソン(Birgit Nilsson)ロバート・M. ギャレルスグレート・ビクトリア砂漠グレート・サンディ砂漠レゾリューションの対決ハンク ウィリアムズブリムストーンの激突ヌマ・ポンピリウスコンセンテス・デイロス・クロマーティロンドン(カナダ)シェンケンドルフアパルーサの決闘オリンポス十二神レア・シルウィアポンチフェクスブルーム[島]フォロロマーノウェスタン音楽M.L. バー

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェスタの関連情報