コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルズリー ウェルズリー Wellesley, Richard Colley, Marquis Wellesley

3件 の用語解説(ウェルズリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルズリー
ウェルズリー
Wellesley, Richard Colley, Marquis Wellesley

[生]1760.6.20.
[没]1842.9.26. ヨークシャー,ブロンプトン
イギリスの政治家。 A.ウェリントン (公) の長兄。上院議員 (1787~97) を経て,インド総督 (在任 97~1805) となる。その間,マイソール戦争 (1799) や第2次マラータ戦争 (1803~05) などによって,インド南部および中央部でイギリスの領域を拡大し,北西部を除くインド支配を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウェルズリー
ウェルズリー
Wellesley

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部にある町。ボストンの都心から西南西約 20kmにある住宅と大学の町。 1881年デダムから分離し,独立した町になった。 H. F.デュラント夫妻が創立したウェルズリー・カレッジがあり,全国的に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルズリー
うぇるずりー
Marquess Richard Collin Wellesley
(1760―1842)

イギリスのインド行政官、ベンガル総督(在任1798~1805)。第四次マイソール、第二次マラータ両戦争によって、マイソール、中央インド、マルワなどを征服し、在地政権の失政を口実にアワドの一部やその他の土侯領を併合した。武力征服による領土拡張のほか、土侯国にイギリス人駐在官を派遣し、東インド会社軍の駐留費を支払わせ、従属国化する形での版図の拡大も、彼の好んだ政策であった。他方、統治のための文官の高等教育の必要を唱え、フォート・ウィリアム研修所を開いたが、東インド会社の取締役会の承認を得られず廃止された。相次ぐ戦争の強行が歳出増を招いたことから本国で不評を買い、召喚された。[高畠 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルズリーの関連キーワード階乗スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ハンフリー系列Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェルズリーの関連情報