ウォルムス(英語表記)Worms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルムス
Worms

ドイツ西部,ラインラントファルツ州,ライン中流左岸にある歴史的都市。古くはケルト人の居住地でローマ時代にウァンギオヌムと呼ばれた。 413~436年にはブルグント王国の首都であった。 13世紀初頭に作られた叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の舞台。7世紀初頭フランク王が聖堂を建立,のち帝国直轄都市となり,1122年のウォルムス政教条約,1521年のウォルムス帝国議会 (ルターの法益剥奪を採決) など重要な会議の開催地となった。現在はブドウ栽培地帯の中心地で,ワインの醸造,皮革,機械工業が行われる。 1018年創設のロマネスク大聖堂,1868年建設のルター記念碑,ユダヤ人墓地などが有名。人口7万 6503 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォルムス

ドイツ,ラインラント・ファルツ州の古都。ライン川左岸の河港都市。ブドウ酒を産し,機械・皮革・家具製造工業が行われる。5世紀にはニーベルンゲンの歌にうたわれたブルグント王国の中心都市。496年以降フランク王国の王領地。1122年にはウォルムス協約が結ばれた。8―16世紀の間には100回以上の国会開催。ウォルムス大聖堂はじめ多くのロマネスク建築を残す。8万2000人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルムス【Worms】

ドイツ西部,ラインラント・ファルツ州の都市。ライン川左岸に位置する。人口7万7000(1991)。染色を含む若干の化学工業,金属加工,家具製造が盛んで,ラインヘッセン・ワインの主産地の一つ。ケルト人,ゲルマン人の居住の後,前50年ころカエサルがこの地を占拠,以後ローマ軍団の駐屯地となる。4世紀以降司教座の所在地(1801まで)。413‐436年ブルグント王国の首都,496年以後フランク王国の王領地となり,898年には国王の諸特権が司教に委譲される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウォルムス

生年月日:1869年12月8日
フランスの社会学者
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォルムスの関連情報