コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルムス ウォルムスWorms

4件 の用語解説(ウォルムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルムス
ウォルムス
Worms

ドイツ西部,ラインラントファルツ州,ライン中流左岸にある歴史的都市。古くはケルト人の居住地でローマ時代にウァンギオヌムと呼ばれた。 413~436年にはブルグント王国の首都であった。 13世紀初頭に作られた叙事詩ニーベルンゲンの歌』の舞台。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウォルムス(Worms)

ドイツ西部、ライン川中流の古都。ローマ時代に建設され、フランク王朝時代には帝国直轄の都市となり、しばしば帝国議会が開催された。ぶどう酒の産地。ボルムス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウォルムス

ドイツ,ラインラント・ファルツ州の古都。ライン川左岸の河港都市。ブドウ酒を産し,機械・皮革・家具製造工業行われる。5世紀にはニーベルンゲンの歌にうたわれたブルグント王国の中心都市。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルムス【Worms】

ドイツ西部,ラインラント・ファルツ州の都市。ライン川左岸に位置する。人口7万7000(1991)。染色を含む若干の化学工業金属加工,家具製造が盛んで,ラインヘッセン・ワインの主産地の一つ。ケルト人,ゲルマン人の居住の後,前50年ころカエサルがこの地を占拠,以後ローマ軍団の駐屯地となる。4世紀以降司教座の所在地(1801まで)。413‐436年ブルグント王国の首都,496年以後フランク王国の王領地となり,898年には国王の諸特権が司教に委譲される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone