ウォーターバック(英語表記)waterbuck

翻訳|waterbuck

世界大百科事典 第2版の解説

ウォーターバック【waterbuck】

体の大きさがシカ大で,水辺を好むアンテロープ。偶蹄目ウシ科の哺乳類(イラスト)。アフリカ南東部の川に近い明るい林や疎林に生息する。体長180~220cm,尾長22~45cm,肩高120~135cm,体重170~250kg。体色灰褐色で,腹側はやや淡色臀部でんぶ)に白色の楕円形の輪紋様がある。雄だけがもつ角は長く,後方に三日月状に曲がっている。 食物が十分あれば,ふつうは移動せず,水辺近くに定住する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォーターバック
うぉーたーばっく
waterbuck
[学]Kobus ellipsiprymnus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アフリカの東部と南部に分布し、川や湖、沼などの水辺の草原に多い。肩高1.1~1.3メートル、体重160~270キログラム。角(つの)は雄だけにあって長さ80~90センチメートル、緩やかに前内方に曲がる半月形。体は霜降り状の灰茶色ないし黒茶色で、臀部(でんぶ)に白色の楕円(だえん)形の帯がある。普通10~50頭ほどの群れで生活し、中心は雌と子で、水辺から採食地の草地までを行動圏とする。雄はこのなかに縄張りをつくっている。よく伸びた草が主食で、水中の草や木の葉を食べることもある。交尾期はおもに乾期といわれ、妊娠期間約240日ののち普通1子を産む。子は水辺の深い茂みで生まれ、3~4週間すると母親について草地に出てくる。ごく近縁な種にシンシン(デフォッサウォーターバック)K. defassaがあり、大きさも形態もよく似ているが、臀部に楕円形の白帯がなく、白斑(はくはん)があるので区別できる。このほか近縁なものにコーブK. kob、プークーK. vardoni、リーチュエK. leche、ナイルリーチュエK. megacerosがあり、いずれも体は肩高80~105センチメートルと小形で、水辺の草原に生息している。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウォーターバックの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…大きな2個のひづめは皮でつながる。すべてアフリカ産で,鼻先がサイガのようにふくれるリーボックPelea capreolus,水辺の草原にすむリードバックRedunca arundinum,水によく入るウォーターバックKobus ellipsiprymnusなど3属10種がある。(5)インパラ亜科Aepycerotinae 中型で角は雄にだけあり,細長く,前から見ると幅広の竪琴形。…

【リーチュエ】より

…アフリカ南部のナミビア,ボツワナ,コンゴ民主共和国,ザンビアにかけての沼地にすむ中型のアンテロープ。体型はウォーターバックに似るが小さく,体色が明るい栗色。四肢にはよく目だつ黒色斑がある。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…大きな2個のひづめは皮でつながる。すべてアフリカ産で,鼻先がサイガのようにふくれるリーボックPelea capreolus,水辺の草原にすむリードバックRedunca arundinum,水によく入るウォーターバックKobus ellipsiprymnusなど3属10種がある。(5)インパラ亜科Aepycerotinae 中型で角は雄にだけあり,細長く,前から見ると幅広の竪琴形。…

※「ウォーターバック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォーターバックの関連情報