コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツギ(空木) ウツギDeutzia crenata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウツギ(空木)
ウツギ
Deutzia crenata

ユキノシタ科の落葉低木。各地の山野に自生する。高さ1~2mで,樹皮がはげる。若い枝,葉,花などに星状毛が密生する。葉は卵形で鋸歯があり,短い柄をもち対生する。5~6月頃,白い花が円錐花序をなして開く。萼筒は鐘形で,萼片と円形の花弁各5枚,おしべ 10本,花柱3~4本がある。果実は球形で先端に枯れた花柱が残っている。別名ウノハナ (卯の花) は陰暦4月 (卯月) に開花することによる。庭木や生垣に栽培されたり,また材が堅いため木釘,つまようじ,小鳥の止り木などをつくるのに利用される。ウツギより花が小さく花期の早いヒメウツギ,葉が広い卵形のマルバウツギなど同属の近縁種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone