コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウド(独活) ウドAralia cordata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウド(独活)
ウド
Aralia cordata

ウコギ科の大型多年草。北海道から九州まで,山野に普通に自生するが,また食用として栽培される。は太く軟らかく,緑色で高さ 1.5mぐらいになる。葉は長い柄をもち,2回羽状複葉。数枚の葉が茎に互生する。小葉卵形で,縁に鋸歯がある。夏,淡緑色で5弁の小花が集った球形の花序をさらに総状につける。上方の花は両性花で,下方は雄花になる。果実は小球形で黒く熟する。若い苗は軟らかく独特の香りがあって食用として珍重される。夏の伸びた茎は硬く,食用にならないので「ウドの大木」と呼ばれ役に立たないことのたとえにされる。栽培されるウドは早春に出る若い苗を土でおおってもやし状にしたものである。皮をむき塩水であくを抜いて,酢の物,あえ物,煮物などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウド【ウド(独活) udo】

ウコギ科の多年草(イラスト)。北海道から沖縄まで自生し,朝鮮半島,中国にも分布している。発育は旺盛でやや開張性,高さは2m内外に達する。晩夏に多数の散形花序をつけ,秋には黒色多汁の小さい漿果(しようか)となる。谷ぞいの土壌の深いやや湿った草地に多いが,日本では山菜として,また原産の野菜として古くから利用されている。いくつかの品種群も分化しており,寒ウド群は休眠がなく,露地晩秋から翌年の2月まで出荷できるが,品質が劣るのであまり栽培されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウド(独活)の関連キーワードウコギ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android