コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウプサラ ウプサラ Uppsala

翻訳|Uppsala

6件 の用語解説(ウプサラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウプサラ
ウプサラ
Uppsala

スウェーデン中東部,ウプサラ県の県都。 1164年以降大司教座の所在地でもある。ストックホルムの北約 65kmのフューリソン川河畔,森と平野に囲まれた静かな町。市内には北ヨーロッパ最大のゴシック様式大聖堂,カルル・フォン・リンネ植物園,ビクトリア博物館などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウプサラ(Uppsala)

スウェーデン南東部の学園都市ストックホルムの北に位置し、1477年創立のウプサラ大学や王墓・大教会、博物学者リンネ記念植物園などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウプサラ

スウェーデン南東部,ストックホルムの北北西約70kmにある都市。1164年以来大司教座が置かれ,1477年創立の北欧最古のウプサラ大学を中心とする,宗教・教育・文化都市。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウプサラ【Uppsala】

スウェーデン南東部,同名県の県都。旧ウップランド州の州都。ストックホルム北方に位置し,宗教・教育の中心地で,近代工業都市。人口18万3000(1996)。先史および初期中世のスベアSvea人の文化的・宗教的・政治的中心地。タキトゥスの著作《ゲルマニア》にみえるスイオネスSuiones(Svea)はウップランドに居住し,その政治的中心地は,今日のウプサラ市北端に位置する古ウプサラGamla Uppsalaにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウプサラ【Uppsala】

スウェーデン、ストックホルムの北64キロメートルに位置する学園都市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウプサラ
うぷさら
Uppsala

スウェーデン南東部、首都ストックホルムの北70キロメートルに位置する学園都市。人口19万1110(2001)。1477年創立の総合大学をはじめ、医大、農大、および各種の研究所がある。近年は製薬、印刷出版、食品工業が設立され、工業都市の観をみせている。1435年建立の大聖堂は北欧最大であり、カロリーナ図書館所蔵の銀の聖書は500年代のものとして世界的に有名である。4月30日の春の学生祭も呼び物の一つである。[中島香子]

歴史

ウプサラの旧名はアロス、またはエストラ(東)・アロスstra Arosとよばれ、その発祥地である古ウプサラは同市の北5キロメートルに位置し、古代から中世初期まで政教、交易の中心地として栄えた。13世紀にはそこに司教座が設置されたが、たび重なる大火のため1273年、大司教座としてアロスに遷座、このときウプサラと改名した。
 以降、教会、修道院、大聖堂などが建立され、宗教の中核都市となったが、16世紀中ごろの人口はわずか200人強であった。1477年にウプサラ大学が設立されて以来、スウェーデンの学問の中心となった。1702年の大火で市の大半が灰燼(かいじん)に帰したが、いち早く復興された。19世紀中葉、人口5000人弱の同市は、交通の発達で、中規模都市に発展した。[清原瑞彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウプサラの関連キーワードイェーテボリカルマルクリシャンスタードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門ニュヒェーピングスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウプサラの関連情報