コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウロペ エウロペ Eurōpē

翻訳|Eurōpē

6件 の用語解説(エウロペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウロペ
エウロペ
Eurōpē

ギリシア神話の女性。フェニキアの王アゲノルの王女であったが,雄牛に変身したゼウスによってさらわれ,その背に乗ったまま海を渡ってクレタ島に連れていかれ,そこでゼウスと交合し,ミノスサルペドンラダマンチュスの3人を生んだあとで,当時クレタの王であったアステリオスの妃になったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エウロペ(Eurōpē)

ギリシャ神話で、ゼウスに愛されたフェニキアのテュロス王の娘。白牛に姿を変えたゼウスによってクレタ島へ運ばれ、ミノスらの母となった。「ヨーロッパ」の語源。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エウロペ

ギリシア伝説のフェニキアの王女。白牛に姿を変えたゼウスが海辺で遊ぶ彼女を背に乗せてクレタに渡り,ミノスラダマンテュスらをもうけた。〈ヨーロッパ〉の語は彼女に由来し,その故事はティツィアーノルーベンスらに画題を提供している。
→関連項目フォイニクスラダマンテュス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エウロペ【Eurōpē】

ギリシア神話で,フェニキア王アゲノルの娘。カドモスの姉妹。浜辺で侍女たちとたわむれていたとき,白い雄牛となって近づいたゼウスにだまされ,その背に乗ったまま,海を渡ってクレタ島へ運ばれた。彼女はこの島でゼウスと交わって,ミノス(のちのクレタ王),ラダマンテュス(死後冥府の裁判官となった),サルペドン(のちのリュキア王)の3子を生んだ。その後,クレタ王アステリオスの妃となり,死後は女神としてあがめられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エウロペ【Eurōpē】

〔ヨーロッパの語源〕 ギリシャ神話の女性。テュロス王の娘。白い牡牛に姿をかえたゼウスの背に乗ったまま海を渡ってクレタ島に上陸し、ミノス・ラダマンテュス・サルペドンを生む。のち、クレタ王妃。牛は牡牛座となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エウロペ
えうろぺ
Eurp

ギリシア神話の女性。テロスのアゲアノル王とテレパサの娘で、カドモスとキリクスの姉妹がいる。大神ゼウスは、姉妹のなかでもひときわ美しいエウロペに心を動かし、白い牡牛(おうし)となって近づいた。初めは恐れていたエウロペが戯れにその牡牛の背にまたがると、突然牡牛は疾走して海を渡り、クレタ島に上陸した。2人はゴルティンの泉のほとりで交わり、やがてエウロペはミノス、ラダマンティス、サルペドンを生んだ。ゼウスは彼女に、青銅人間タロス、猟犬、投槍(なげやり)を与えた。そして、のちに彼女はクレタ島のアステリオン王の妻となり、3人の子を養子とした。彼女は死後神格化され、牡牛は星座のおうし座となった。また、エウロペが牛に乗ってやってきたという地域が、その名にちなんでヨーロッパになったと伝えられる。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエウロペの言及

【ギリシア神話】より

…ゼウスは人間の女との間にも多数の子をもうける。主要なものだけを挙げれば,テーバイの王女セメレSemelēによりディオニュソスを,アルクメネAlkmēnēによりヘラクレス,ダナエDanaēによりペルセウス,エウロペによりミノスを得た。それぞれの場合につき細目と関与者を特徴づける物語が語られている。…

【星】より

…しかし星座の起源についての説明は,ギリシア神話のなかでもつねに一定しているわけではない。たとえばおうし座は一説によれば,フェニキアの王女エウロペをゼウスの愛人にするために背に乗せて海を渡り,クレタ島まで運んだ牛が天にあげられたものだが,別の伝承によれば,クレタ王ミノスの祈りにこたえて,海神ポセイドンが海から出現させた牛である。ミノスの妃パシファエがこの牛に恋し,名工ダイダロスにつくらせた本物そっくりの牝牛の模型の中に入って,その牛の種を受けて半牛半人の怪物ミノタウロスを生んだという。…

※「エウロペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウロペの関連キーワードフェニキア語フェニキア文字フォイニクスギリシャ神話ギリシャ文字掻き上げの木フェニキア人《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エウロペの関連情報