コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコマーク エコマーク Eco Mark

7件 の用語解説(エコマークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エコマーク
エコマーク
Eco Mark

環境保全に役立つ商品を一般の消費者に奨励するためにつけられるラベルの呼称またはそのロゴマーク。日本では 1989年から環境庁 (現環境省) の指導と助言を得て日本環境協会がエコマーク事業を実施,製造業者や流通業者から申請された商品について審査を行ないエコマークの使用を認可する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エコ‐マーク

《「エコ」はエコロジーの略》フロンを使用しないスプレーなど、資源の再利用による商品や環境保全型の商品につけるマーク。環境省の指導のもとに財団法人日本環境協会が認定する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エコマーク

環境保全に役立つ商品やリサイクルが可能な商品などに付けられるシンボルマーク。エコラベルともいう。ドイツでは1978年から導入され,スウェーデンノルウェーフィンランドカナダなどでも実施されている。
→関連項目グリーン・コンシューマーライフサイクル・アナリシス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

エコマーク

環境庁の指導で(財)日本環境協会が実施しているエコマーク事業で、日常生活に伴う環境負荷を低減し、環境保全に役立つと認められる商品につけられる認定マーク。認定基準は、商品の製造・使用・廃棄などによる環境負荷が他の同様の商品と比べ相対的に低いことなどがあげられている。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エコマーク【ecomark】

財団法人日本環境協会が、環境保全を考慮していると認定した各種商品に付けられるマーク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

エコマーク

環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品に表示が許される認定マーク。1989(平成1)年に環境庁(現環境省)所管の財団法人日本環境協会により制定された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

エコマーク

環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認定された商品・サービスにつけられるマーク。消費者が環境を意識した商品を選ぶ目安として活用することを目的に、環境省所管の財団法人・日本環境協会によって1989年に制定され、国際標準化機構(ISO)の規格に則って運営されている。マークには「環境(environment)」と「地球(earth)」の頭文字「e」を表した人間の手が地球をつつみ込んでいる姿がデザインされており、呼称とロゴの商標権は日本環境協会が保有している。生活用品、繊維製品OA機器など幅広い商品・サービスを対象とし、商品のカテゴリーごとに定められた認定基準を満たしたものが日本環境協会によって認定される。

(2012-09-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコマークの関連キーワード過負荷環境保全活動・環境教育推進法旬産旬消都道府県自然環境保全地域環境の日世界環境デー田園環境整備マスタープラン環境影響評価(アセスメント)河川環境保全計画環境保全林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エコマークの関連情報