エコマーク(英語表記)Eco Mark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エコマーク
Eco Mark

環境保全に役立つ商品を一般の消費者に奨励するためにつけられるラベルの呼称またはそのロゴマーク。日本では 1989年から環境庁 (現環境省) の指導と助言を得て日本環境協会がエコマーク事業を実施,製造業者や流通業者から申請された商品について審査を行ないエコマークの使用を認可する。対象となる商品の選定は,(1) 使用段階で環境負荷が少ない,(2) 使用することによる環境改善効果が大きい,(3) 使用後の廃棄段階で環境負荷が少ない,ことなどを基準として行なわれる。地球環境問題に対する意識の高まりなどを背景に,フロンガス (フルオロカーボン ) を使用しないスプレーや古紙パルプの配合割合が多く蛍光増白剤の少ない印刷用紙,リターナブル容器・包装資材,再生材料を使用した筆記用具や衣料品など,「環境にやさしい」と認定されたエコマーク商品は年々数が増加している。エコマークは,1978年にドイツ連邦共和国 (西ドイツ) で始まったラベリング制度の環境保護ラベル「ブルーエンジェル」をモデルにしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エコマーク

環境保全に役立つ商品やリサイクルが可能な商品などに付けられるシンボルマーク。エコラベルともいう。ドイツでは1978年から導入され,スウェーデン,ノルウェー,フィンランド,カナダなどでも実施されている。消費者は,このマーク(ラベル)を目安として環境負荷の小さい商品を見分けることができる。日本では1989年から実施され,環境庁が支援し,外郭団体の日本環境協会が商品を認定している。
→関連項目グリーン・コンシューマーライフサイクル・アナリシス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

エコマーク

環境庁の指導で(財)日本環境協会が実施しているエコマーク事業で、日常生活に伴う環境負荷を低減し、環境保全に役立つと認められる商品につけられる認定マーク。認定基準は、商品の製造・使用・廃棄などによる環境負荷が他の同様の商品と比べ相対的に低いことなどがあげられている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

エコマーク【ecomark】

財団法人日本環境協会が、環境保全を考慮していると認定した各種商品に付けられるマーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

エコマーク

環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品に表示が許される認定マーク。1989(平成1)年に環境庁(現環境省)所管の財団法人日本環境協会により制定された。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

エコマーク

環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認定された商品・サービスにつけられるマーク。消費者が環境を意識した商品を選ぶ目安として活用することを目的に、環境省所管の財団法人・日本環境協会によって1989年に制定され、国際標準化機構(ISO)の規格に則って運営されている。マークには「環境(environment)」と「地球(earth)」の頭文字「e」を表した人間の手が地球をつつみ込んでいる姿がデザインされており、呼称とロゴの商標権は日本環境協会が保有している。生活用品、繊維製品、OA機器など幅広い商品・サービスを対象とし、商品のカテゴリーごとに定められた認定基準を満たしたものが日本環境協会によって認定される。

(2012-09-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エコ‐マーク

〘名〙 (エコは「エコロジー」の略、マークはmark) 資源の再利用による商品や環境保全型の商品につけるマーク。環境省の指導のもとに日本環境協会が認定する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android