エスキモーアレウト語族(読み)エスキモーアレウトごぞく

世界の主要言語がわかる事典の解説

エスキモーアレウトごぞく【エスキモーアレウト語族】

エスキモー語とアレウト語からなる。前者はシベリア東端からアラスカ、カナダ北部、グリーンランドにかけて、後者はアレウト列島(アリューシャン列島)からアラスカにかけて話され、話者数はそれぞれ約10万人と数百人。両者とも、語幹に多くの要素を連ねて一語が一文となるような複合成語の特徴をもつ。周辺の他の諸言語との系統関係はなお不明で、古アジア諸語に含められる一方、分布地域からアメリカインディアン諸語の一語族としても分類されている。◇英語でEskimo-Aleut。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android