エステルゴム(英語表記)Esztergom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エステルゴム
Esztergom

ラテン語ではストリゴニウム Strigonium,ドイツ語ではグラン Gran。ハンガリー北部の都市。ブダペスト北西のドナウ河畔に位置する。初めケルト人が住み,次いでローマ領となり,一時はフン民族が占拠した。 10世紀にハンガリー人 (マジャール人) が来住。ハンガリー初代の国王イシュトワーン1世は,ここで戴冠式を行い,以後アールパード朝時代の王都となった。この時代すでに大司教座がおかれ,今日にいたるまで,ハンガリーにおけるカトリックの中心となっている。 12世紀の王宮の遺跡,新古典主義様式のエステルゴム大聖堂をはじめ,歴史的に重要な建物が多い。人口2万 9751 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エステルゴム(Esztergom)

ハンガリー北部の都市。首都ブダペストの北西約40キロメートル、ドナウ川右岸に位置する。対岸にスロバキアの町シュトロボがあり、マーリアバレーリア橋で結ばれる。8世紀頃からフランク王国の城塞が築かれ、1000年頃にイシュトバーン1世がハンガリー王となり、同国初の都になった。ハンガリーにおけるカトリック教会の中心、エステルゴム大聖堂がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エステルゴム【Esztergom】

ハンガリー北部,ドナウ川右岸にある都市。チェコスロバキア国境に接する。ドイツ語でグランGran。人口3万(1993)。すでにローマ時代に城宮ストリゴニウムStrigoniumがあり,マルクス・アウレリウス帝が利用。5世紀の匈奴侵入によりローマの支配が終わった。10世紀中ごろからゲーザGéza(?‐997)公が居城を建設,やがてハンガリー王もここを王宮とする。とくに12世紀後半のベーラBéla3世の代に黄金時代を迎え,ローマ風の王宮が完成。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エステルゴム
えすてるごむ
Esztergom

ハンガリー北部の小都市。首都ブダペストの北約50キロメートル、スロバキアとの国境に近いドナウ川右岸に位置する。人口2万9452(2001)。8~9世紀ごろはフランク王国の城塞(じょうさい)で、オステル・リングムOster Ringum(東の砦(とりで))とよばれていた。10世紀ごろマジャール人に攻略され、イシュトバーン1世の即位(1000)によってハンガリー王国最初の首都となる。丘の上にはハンガリー最大の大聖堂があり、同国カトリックの中心となっている。[古藤田一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエステルゴムの言及

【ハンガリー】より

…このほか,ユダヤ教会,イスラム教会のほか,仏教も登録されている。このうち,カトリック教会についてみると,総主教座がエステルゴム,エゲル,カロチャにあり,セゲド以下九つの主教座がある。カルバン派は,北と南に教区が分けられ,ルター派は,沿ドナウ,ティサ以東,ドナウ以西,ティサ以西に分けられている。…

※「エステルゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android