コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エストロン estrone

翻訳|estrone

百科事典マイペディアの解説

エストロン

エストロゲン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

エストロン

 C18H22O2 (mw270.37).

 エストロゲンの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

エストロン【estrone】

発情ホルモンの一。卵巣中で生成される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エストロン

エストロゲン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エストロン
えすとろん
estrone

動物の雌の卵巣から分泌されるステロイドホルモンで、卵胞ホルモン(発情ホルモン)の一種。エストラジオールエストリオールなど同じ作用をする物質を含めエストロジェン(エストロゲン)と総称する。妊娠した動物の尿中に大量に含まれており、天然物から最初に単離された卵胞ホルモンである。妊馬尿から抽出されるが、これをさらに還元して得られるエストラジオールのほうがホルモン作用が3、4倍強いので、エストロンはその原料として使われている。成熟した卵胞や胎盤から分泌され、生殖腺(せん)の発育、性徴や乳腺の発達を促進する。とくに脳下垂体前葉から分泌される生殖腺刺激ホルモン、黄体から分泌される黄体ホルモンと共同して働き、性周期や妊娠から出産に至る期間を調節している。
 血中でエストロンはエストラジオールと平衡して存在し、肝臓で代謝されてエストリオールとなる。また、肝臓でグルクロン酸や硫酸と抱合され、尿中に排出される。胆汁中に分泌されたエストロンのうちのかなりの量は再吸収される(腸肝循環。腸管より吸収され肝細胞に摂取されて抱合を受け、その後腸内細菌で抱合体が脱抱合され、ふたたび腸管から吸収される)。
 臨床的には弱い生物活性を利用して、更年期障害の改善に経口投与錠として、また注射薬として排卵誘発や機能性出血(器質的障害がないのに子宮から出血すること)の止血用に用いられている。[小泉惠子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエストロンの言及

【エストロゲン】より

…動物体内で分泌されるエストロゲンはすべてステロイドで,A環はフェノールである。分泌期のヒト卵胞中には,エストロンestrone,エストラジオール‐17β estradiol‐17β,エストリオールestriolが見いだされ,このうちエストラジオール‐17βが分泌量,生物活性ともに最も高い。エストロゲンは主として卵巣から分泌され,その分泌はLH(黄体形成ホルモン)によって刺激される。…

※「エストロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エストロンの関連キーワードハギンズ(Charles Brenton Huggins)エドワード・エイデルバート ドイジ下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症A.F.J. ブーテナントアンドロステンジオンブーテナントフラボノイドブテナントドイジードイジ更年期去勢鹿茸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android