コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリア随筆 エリアずいひつEssays of Elia, The Last Essays of Elia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリア随筆
エリアずいひつ
Essays of Elia, The Last Essays of Elia

イギリスの随筆家 C.ラムの随筆集。第1集 1823年,後集 33年刊。そのほとんどは 20年創刊の『ロンドン・マガジン』に発表されたもので,作者自身の体験を中心に,人事一般についての回想や省察を,絶妙なユーモアにしみじみとしたペーソスを交えながら,独特の文体で綴っており,イギリス随筆文学中の白眉とされる。少年時代の母校の思い出を述べた『35年前のクライスツ・ホスピタル校』 Christ's Hospital Five and Thirty Years Ago,定年退職後の感慨を語る『定年退職者』 The Superannuated Man,青春時代の苦しかった生活の回想『古陶器』 Old China,軽妙な随想を展開した『焼き豚論』A Dissertation upon Roast Pigや『煙突掃除人をたたえて』A Praise of Chimney Sweepers,独身の寂寥をまぎらす『幻の子供たち』 Dream Childrenなどは,特に名作の名が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

《原題Essays of Eliaチャールズ=ラムが、エリア筆名で書いた随筆集。正編は1823年、続編は1833年刊。ユーモアとペーソスに満ちた高雅な文体で、自己の体験・回想などを書いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エリア随筆【エリアずいひつ】

ラムエッセー集。1820年から《ロンドン・マガジン》誌に連載され,のちにまとめられた(前編1823,後編1833)。私生活,友人,思い出,夢想,芝居などの話題を,ユーモアとペーソスにみちた名文で書きつづる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

イギリスのエッセイスト,C.ラムの随筆集。The Essays of Elia(1823)とThe Last Essays of Elia(1833)の前後2編に52のエッセーを収める。エリアとはラムがこのエッセーのためにつくった架空の名。内容は回想や夢想(有名な〈夢の子供たち〉),しみじみとした世相談(〈煙突掃除を讃える〉)や人生談(〈古陶器〉),読書論や演劇論などさまざまであるが,控え目で愁いを含んだユーモアと人生の哀歓への愛惜によって,イギリス身辺随筆の代表作となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

チャールズ=ラムがエリア(Elia)の筆名で書いた随筆集。1823~33年刊。自己の半生や知人などについて哀感とユーモアをまじえて描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリア随筆
えりあずいひつ
The Essays of Elia

イギリスの随筆家チャールズ・ラムの随筆集。1820~1822年『ロンドン雑誌』に連載したものをまとめ、正編は1823年、続編は1833年刊。都会的感覚をしみじみとしたペーソスで包み、イギリス随筆文学の最高峰に位する。知友、書物、芝居など身辺の雑事を独特な筆致で描いているが、なかでも「夢の子たち」「古磁器」「焼豚論」「停年退職者」などがよく知られている。[外山滋比古]
『戸川秋骨訳『エリア随筆』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエリア随筆の言及

【エッセー】より

…アディソン,スティールら18世紀の文人の手にかかると,それは初期のジャーナリズムの文体の一部となった。しかしエッセー文学の頂点はチャールズ・ラムの《エリア随筆》(1823,33)であり,彼こそ〈エッセイスト〉以外の名前では呼ぶことのできない文人であった。イギリス人好みのユーモア(気質のゆとり)を彫琢(ちようたく)の名文で綴ったものである。…

【ラム】より

…初期の詩作や劇作は成功せず,新聞・雑誌に雑文を寄稿していたが,姉との共著《シェークスピア物語》(1807)は広く読まれ,また《シェークスピア時代イギリス劇詩人抄》(1808)は忘れられた文学の発掘,再評価として歴史的意義がある。しかしラムの名を高からしめたのは,イギリス・エッセー文学の最高傑作《エリア随筆》である。滋味あふれるエッセーは1820年から主として《ロンドン雑誌》に不定期に掲載され,のち前編(1823),後編(1833)にまとめられた。…

※「エリア随筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エリア随筆の関連キーワードラム(Charles Lamb)コールリッジダイアー知人哀感半生

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android