コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリア随筆 エリアずいひつ Essays of Elia, The Last Essays of Elia

6件 の用語解説(エリア随筆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリア随筆
エリアずいひつ
Essays of Elia, The Last Essays of Elia

イギリスの随筆家 C.ラムの随筆集。第1集 1823年,後集 33年刊。そのほとんどは 20年創刊の『ロンドンマガジン』に発表されたもので,作者自身の体験を中心に,人事一般についての回想や省察を,絶妙なユーモアにしみじみとしたペーソスを交えながら,独特の文体で綴っており,イギリス随筆文学中の白眉とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

《原題Essays of Eliaチャールズ=ラムが、エリアの筆名で書いた随筆集。正編は1823年、続編は1833年刊。ユーモアとペーソスに満ちた高雅な文体で、自己の体験・回想などを書いたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エリア随筆【エリアずいひつ】

ラムエッセー集。1820年から《ロンドン・マガジン》誌に連載され,のちにまとめられた(前編1823,後編1833)。私生活,友人,思い出,夢想,芝居などの話題を,ユーモアとペーソスにみちた名文で書きつづる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

イギリスのエッセイストC.ラムの随筆集。The Essays of Elia(1823)とThe Last Essays of Elia(1833)の前後2編に52のエッセーを収める。エリアとはラムがこのエッセーのためにつくった架空の名。内容は回想や夢想(有名な〈夢の子供たち〉),しみじみとした世相談(〈煙突掃除を讃える〉)や人生談(〈古陶器〉),読書論や演劇論などさまざまであるが,控え目で愁いを含んだユーモアと人生の哀歓への愛惜によって,イギリス身辺随筆の代表作となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エリアずいひつ【エリア随筆】

チャールズ=ラムがエリア(Elia)の筆名で書いた随筆集。1823~33年刊。自己の半生や知人などについて哀感とユーモアをまじえて描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリア随筆
えりあずいひつ
The Essays of Elia

イギリスの随筆家チャールズ・ラムの随筆集。1820~1822年『ロンドン雑誌』に連載したものをまとめ、正編は1823年、続編は1833年刊。都会的感覚をしみじみとしたペーソスで包み、イギリス随筆文学の最高峰に位する。知友、書物、芝居など身辺の雑事を独特な筆致で描いているが、なかでも「夢の子たち」「古磁器」「焼豚論」「停年退職者」などがよく知られている。[外山滋比古]
『戸川秋骨訳『エリア随筆』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエリア随筆の言及

【エッセー】より

…アディソン,スティールら18世紀の文人の手にかかると,それは初期のジャーナリズムの文体の一部となった。しかしエッセー文学の頂点はチャールズ・ラムの《エリア随筆》(1823,33)であり,彼こそ〈エッセイスト〉以外の名前では呼ぶことのできない文人であった。イギリス人好みのユーモア(気質のゆとり)を彫琢(ちようたく)の名文で綴ったものである。…

【ラム】より

…初期の詩作や劇作は成功せず,新聞・雑誌に雑文を寄稿していたが,姉との共著《シェークスピア物語》(1807)は広く読まれ,また《シェークスピア時代イギリス劇詩人抄》(1808)は忘れられた文学の発掘,再評価として歴史的意義がある。しかしラムの名を高からしめたのは,イギリス・エッセー文学の最高傑作《エリア随筆》である。滋味あふれるエッセーは1820年から主として《ロンドン雑誌》に不定期に掲載され,のち前編(1823),後編(1833)にまとめられた。…

※「エリア随筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エリア随筆の関連キーワードエッセーラムイギリスオランダ戦争エッセイストイギリス巻エッセイ記念日モイストボディモイスト バスエッセンス酒井順子内田洋子フラワーエッセンス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリア随筆の関連情報