コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトレット エレクトレット electret

4件 の用語解説(エレクトレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレクトレット
エレクトレット
electret

永久磁石の磁気分極のように,ある種の誘電体において誘電分極が電界をなくしても残留する物質でつくられた荷電体。磁石 magnetにならって electretと名づけられた。マイラーポリプロピレンなどのプラスチックでつくられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エレクトレット(electret)

ある種のろうや樹脂混合物を、直流電圧を加えた電極の間で固化させたもの。電極を取り去った後もその電荷が失われない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エレクトレット【electret】

強い誘電性をもった絶縁体に電場を加えて電気分極を起こさせ,その電場を去っても帯電が保たれている物質をいう。磁場の中に置いた強磁性体が磁化してできる磁石をマグネットmagnetと呼ぶのに対応して名づけられた。エレクトレットは,1924年江口元太郎が世界に先がけてカルナバ蠟と松やにを混合して溶融し,直流電圧を加えて電気分極して固めてつくった物質が最初である。エレクトレットは,絶縁体の中に電気分極を起こさせる方法によって分類する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エレクトレット【electret】

誘電体である樹脂などを溶融して直流電圧を加え、帯電させた物質。磁石をマグネットと呼ぶのにならっての名称。マイクロホン・放射線計量計などに利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトレットの関連キーワード絶縁体電気感受率電歪誘電体誘電分極時間効果電気熱量効果べーニング効果(電気)モット絶縁体誘電材料

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エレクトレットの関連情報