エンジニアリング・プラスチック(読み)えんじにありんぐぷらすちっく(英語表記)engineering plastic

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンジニアリング・プラスチック
えんじにありんぐぷらすちっく
engineering plastic

主として機械装置の分野に、金属材料にかわって使用されるようになったプラスチックの総称。1960年代にアメリカのデュポン社が、いわゆる「鉄への挑戦材料」としてポリイミド樹脂(熱可塑性プラスチック)などを出してから、この語が使われるようになったとされる。一般に、100℃以上あるいは0℃以下でも寸法安定性や機械的強度を保つ樹脂のことである。
 機械材料は厳しい環境下でも十分に耐えうる、高度の機械的強度、耐熱性、耐摩耗性などが要求され、そのため従来の脂肪族、エステル結合、アミド構造などの分子に芳香族環を導入し、それらの組合せにより目的の特性を向上させている。一般的にはポリプロピレン、高密度ポリエチレン、フェノール樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ナイロン(ポリアミド)などがそうであるが、狭義にはもっとも金属に似た性質をもった、硬く粘り強いプラスチック、たとえばABS樹脂、ポリカーボネート、ポリフェニレンオキシド(PPO)、ポリイミドなどの熱可塑性プラスチックをいう。1970年ごろからはエンジニアリング・プラスチックをガラス織布や炭素繊維織布で強化し、その性質をより金属に近づけたガラス繊維強化プラスチック(FRP)の発展が著しい。また芳香族ナイロン、フッ素系のポリマーや新しい無機系プラスチックなどが注目され、これらはFRPのように複合化しての利用が注目されている。
 エンジニアリング・プラスチックは軽量でかつさびずに金属と同じような機械的性質をもつというので、急速に用途を拡大し、いまやスポーツ用品、自動車、航空機、船舶工業や宇宙開発などの各方面に利用されている。[垣内 弘]
『日本包装出版編・刊『エンジニアリング・プラスチックの需要と新用途(市場調査資料)』(1972) ▽山口章三郎著『エンジニアリング・プラスチック活用ハンドブック』(1982・技術評論社) ▽藤重昇永著『不思議なエンジニアリング・プラスチック――繊維から歯車まで』(1985・読売新聞社) ▽高分子学会編『入門 高分子材料――高度機能をめざす新しい材料展開』(1986・共立出版) ▽井本仁一郎編『日本の先端産業3 新素材』(1987・曜曜社出版) ▽鈴木明著『先進工業材料を斬る――業界トップインタビューから』(1987・日刊工業新聞社) ▽倉田正也著『プラスチック材料技術読本』(1987・日刊工業新聞社) ▽本山卓彦・平山順一著『トコトンやさしいプラスチックの本』(2003・日刊工業新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例