エージェンシー(英語表記)agency

翻訳|agency

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般には、民間のサービス提供会社(たとえば代理店など)や政府機関、行政庁、行政局などをさす。とくにイギリスのサッチャー保守党政権(1979~1990)の下で、政府の執行的機能を、個々の分離された執行機関に委譲してしまうために設置された行政機関をさしていう。正式にはネクスト・ステップ・エージェンシーNext Steps Agencyとよばれ、行政の効率化を目的とする国の機関であるとともに、職員は公務員である。エージェンシーは、政府の執行的機能を、あたかも個々の会社の代表取締役による業務管理の下におくかのようにして効率化を図る趣旨で設置された。したがって、比較的まとまりのある公務部門が対象になっているとともに、かならずしも非権力的行政活動に限定されているわけではない。たとえば、刑務所はエージェンシーであり、内国歳入庁の執行部門さえもエージェンシー類似の組織運営下に置かれている。

 これらエージェンシーの日々の業務執行に関する責任はその長(多くが公募される最高執行責任者=経営責任者)に委任され、その長は、所管の省が大蔵省との協議によって設定した政策目標および資源の枠内で業務執行に責任を有することになっている。

 したがって、
(1)目標達成方法の評価・選択にあたり利用可能な資源によって行政サービスが能率的かつ効率的に提供できるか否かについて独立して決定できること、
(2)機関内部での指導者および責任の所在を決定するに資する自己統制権限が職員に与えられていること、
(3)公務における「顧客」観念の導入(顧客となる国民には、効率性に関する意見申立権が保障される)、
の3点がエージェンシーの特徴となっている。

 ちなみに、エージェンシーは、当時の大蔵大臣ローソンNigel Lawson(1932― )の言にいう「民営化の次善の策」と位置付けられて公務の完全な民営化への第一歩を意味していた。今日では国家公務員の多くがエージェンシーの下で業務に携わっている。

 日本の独立行政法人は、イギリスのエージェンシーをモデルにしているといわれるが、内実は、似て非なるものである。もちろん独立行政法人も行政の効率化を目的にしてはいるが、公的部門を民営化するかまたは廃止するための組織改革および公務員総数の削減に比重が置かれており、行政の効率化を第一義とするエージェンシーとは目ざすところが異なっているといえよう。

[福家俊朗・山田健吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (agency)
① 世話をすること。代理行為。斡旋。〔外来語辞典(1914)〕
② 代理業。代理店。特約店。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
③ 広告取次業者。広告代理店。〔万国新語大辞典(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エージェンシーの関連情報