オアカムロ(英語表記)Decapterus russellii

世界大百科事典 第2版の解説

オアカムロ【Decapterus russellii】

尾だけでなく,すべてのひれが生時には赤い,スズキ目アジムロアジ属の海産魚(イラスト)。サバのような形と大きさをしており,全長40cmに達する。本州中部以南の浅所から深所まで分布。釣られたり,定置網にも入る。オアカ(東京,和歌山),アカムロ(和歌山,高知),アカアジ(鹿児島)などとも呼ばれる。また小さいものを和歌山でアカメンタイという。ムロアジ類は干物にすることが多いが,この種は鮮魚で食用とし,干物にはしない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オアカムロ
おあかむろ / 尾赤
[学]Decapterus russellii

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。アジ科のうちムロアジ類に属するので、体は側扁(そくへん)せずに丸みを帯びて長い。各ひれが赤く、とくに尾びれが目だつのでこの名がある。本州中部以南、太平洋の温・熱帯およびインド洋、南アフリカの沿岸に広く分布する。食用にされる。[鈴木 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android