コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカメインコ オカメインコ Nymphicus hollandicus; cockatiel

3件 の用語解説(オカメインコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカメインコ
オカメインコ
Nymphicus hollandicus; cockatiel

インコ目オウム科。和名はインコとあるが,分類上はオウム科の鳥。全長約 30cm。冠羽(→羽冠),顔,喉は黄色で,頬に橙色の斑がある。背,胸腹部は灰色。も灰色であるが,大きな白斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オカメインコ【cockatiel】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。全長約32cm。頭部に長い冠毛があり,全長の半分を占める長い尾をもった中型のインコ。冠毛があることから,一時はオウム類に分類されていたが,現在はヒラオインコ類とされている。羽色は全身が灰色で,翼の一部が白い。雄は頭と顔が黄色をしていて,その名のように雌雄とも〈おかめ〉のお面のように,両ほおに橙色のまるい斑がある。オーストラリアの開けた明るい林につがいか小さな群れですみ,おもに地上で草の種子や木の実を採食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカメインコ
おかめいんこ / 片福面鸚
cockatiel
[学]Nymphicus hollandicus

鳥綱オウム目オウム科の鳥。独立したオカメインコ亜科とされ、1属1種。オーストラリア内陸ほぼ全土の開けた草地に群生し、樹木に群れて止まる。全長約32センチメートル、尾と翼は細長く、飛翔(ひしょう)は速い。草の種子を常食とし、樹洞に営巣する。雄の顔は黄色、雌は暗色で、頬(ほお)にある丸い大きな黄赤色の斑紋(はんもん)が名の由来である。飼い鳥として普通にみられる。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカメインコの関連キーワードセキセイインコ黄巴旦小巴旦おうむオウム(鸚鵡)オオバタン(大巴旦)キバタン(黄巴旦)ミヤマオウム(深山鸚鵡)モモイロインコ(桃色鸚哥)ヨウム(洋鵡)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オカメインコの関連情報