オカメザサ

百科事典マイペディアの解説

オカメザサ

イネ科の小型の。関東〜沖縄の各地で栽植されるが,野生地は不明といわれる。茎は高さ1〜2mとなり,節が高い。細く短い枝が各節から5本出てその先にふつう1枚のをつける。葉は薄くなめらかで,長楕円形をなし,裏面は軟毛が密生し白っぽい。まれに初夏に花を開く。この竹に(とり)の市でおかめの面をつり下げたことから,この名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オカメザサ【Shibataea kumasaca (Zoll.) Makino】

イネ科に属する日本特産の小型のタケで,和名の由来は東京の酉の市で,オカメザサの茎にお多福の面や紙の小判などをつるしたことによるという。地下をはった根茎は節が太い。稈(かん)は根茎に沿ってまばらに直立し,高さは120cm前後,太さは3mmほどで,節は太くなる。短い枝が1節から5本出てその先に各1枚の葉をつける。葉は狭い楕円形か披針形で,長さは7cm前後,幅は2~3cm,先は急にとがり,表は滑らかで鮮黄緑色,裏は白っぽく,密に毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカメザサ
おかめざさ / 阿亀笹
[学]Shibataea kumasaca (Zoll.) Nakai

イネ科のタケササ類。ブンゴザサともいう。小形で、稈(かん)は高さ約1メートル、一側が扁平(へんぺい)で、切り口は半円形をなす。節が著しく高く、各節から通常5個の短い枝が出て、その先にそれぞれ1枚の葉をつける。葉は広披針(こうひしん)形で、長さ6~10センチメートル、幅2~3センチメートル、裏面に短毛が密生する。葉鞘(ようしょう)がないのが著しい特徴である。名は、東京・浅草の酉(とり)の市でこのタケの稈におかめの面をつり下げて縁起物として売られたことによる。広く栽培されるが、自生地は不明である。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android