コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカラ Okara, Gabriel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカラ
Okara, Gabriel

[生]1921.4.21. イギリス保護領ナイジェリア,ブムンディ
ナイジェリアの詩人,小説家。フルネーム Gabriel Imomotimi Gbaingbain Okara。イジョ族出身。英語で執筆。アメリカ合衆国のノースウェスタン大学でジャーナリズムを専攻。1967~70年のビアフラ戦争時にはビアフラ側に立ち,リバー州情報局に勤務。イジョ語の意味論とリズムを取り入れた前衛的な英語詩が多くの雑誌に掲載された。ディラン・トマス,ウィリアム・ブレーク,ウィリアム・バトラー・イェーツなどの影響があるといわれる。政治権力と対決する個人の良心の自由の問題を描いた小説『声』The Voice(1964)で知られるほか,詩集『漁夫の祈り』The Fisherman's Invocation(1978),イジョ族の民話や伝統詩の英訳がある。(→アフリカ文学

オカラ
Ocala

アメリカ合衆国,フロリダ州中北部の都市。 1827年に建設されたキング砦を中心に発達した。インディアンセミノール族との戦いののち,混合農業中心地となった。オレンジ,野菜の栽培,牧牛サラブレッド種のウマ,グレイハウンド (猟犬) の飼育などが行われる。人口4万 2045 (1990) 。

オカラ
Okāra

パキスタン北東部,パンジャブ州,ムルタン県の町。ラホールの南西 120kmにある。イギリス植民地時代に建設された比較的新しい町で,タバコ,穀物,綿花の集積地。また,綿工業,製粉工業など工業化が進みつつあり,国営酪農場もある。ムルタンとラホールを結ぶ幹線鉄道が通じ,交通上重要な地点。人口 15万 3483 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オカラの関連キーワードヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qヱヴァンゲリヲン新劇場版:破ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序サンフォード・B. ドールドリー(Jr.) ファンクバイオマスによる食糧生産ヱヴァンゲリヲン新劇場版エリザベス アシュリーオカラでニオイをとる砂シルバースプリングズパトリック オニールワシントンプレースオオシオカラトンボココナツアイランドリリウオカラニ公園植物工場システムカラカサクラゲシオカラトンボミヤジマトンボムギワラトンボ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オカラの関連情報