オケラ(英語表記)Atractylodes japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オケラ
Atractylodes japonica

キク科の多年草で,東アジアの温帯に分布する。日本では北海道を除く各地の山地や草原に普通に生える。地下に節のある根茎をもち,茎の高さは 30~80cmで丸く硬い。葉には柄があって互生し,長さ 10cmほどの楕円形であるが,通常は羽状に3~5片に裂けている。葉縁の鋸歯 (のぎ) 状に突出する。葉の質は薄いが硬く,この芒が痛い。秋に,茎頂に径 2cmほどの頭状花をつけるが,この頭花を囲んで特徴ある総包がある。総包は樹枝状に細かく枝分れした葉脈だけが網の目のようになり,支脈の先端はいずれもとげに終る。頭花は淡紅色の小さな管状花が集ってできている。根茎を乾燥したものを生薬に用い,また独特の香りと苦みをもつので正月のとそ (屠蘇散) の原料となる。若芽は食用にもする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オケラ

キク科の多年草。本州〜九州,朝鮮半島,中国東北部の暖〜温帯に分布し,日当りのよいかわいた山地にはえる。雌雄異株で茎は高さ40〜100cm。頭花は枝先につき,径2〜2.5cm,針状に羽裂した包葉に包まれる。小花は筒状で,白色〜淡紅色,秋開花。若芽は食べられ,根茎は漢方では蒼朮(そうじゅつ)といい,利尿・健胃剤。また正月の屠蘇散(とそさん)の原料となる。→おけら参り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オケラ【Atractylodes japonica Koidz.】

キク科で東アジアに数種が特産するオケラ属の多年草。万葉集の中にウケラとして歌われていたり,大晦日に京都の八坂神社で行われる白朮(おけら)参りの行事でも有名である。本州から四国,九州,朝鮮半島,中国東北部に分布し,日当りの良い乾いた山野の草原に生えている。茎は高さ30~100cmで直立しており,硬い。葉は互生し,皮質で硬く,縁が細かくぎざぎざになっている。上部の葉は柄が短く卵形で,下部の葉は長い柄があり,3~5裂している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オケラの関連情報