コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシ オシOsh

2件 の用語解説(オシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシ
Osh

キルギス南西部,オシ州の州都。フェルガナ盆地南東縁,アライスキー山脈から北流するアクブラ川扇状地に位置する。9世紀の記録に現れる古都で,15世紀には中国,インドへ通じる通商路(→シルクロード)に沿う重要なオアシスであった。西部に位置するスレイマン・トー山(1175.6m)は 1500年以上も前からイスラム教の聖山としてあがめられた場所で,五つの峰や山腹には遺跡や岩壁画のある洞窟,モスクなどの宗教的儀式を行なう場所が残り,2009年世界遺産の文化遺産に登録された。繊維(絹織物,綿織物),電気機器,製靴,家具,食品(油脂,食肉)などの工場が立地する。教育大学,郷土博物館,劇場,植物園がある。ウズベキスタンの首都タシケントからの鉄道の終点。またタジキスタンのホローグまで延びるパミール縦断ハイウェーの起点で,首都ビシケクとも連絡している。人口 22万4300(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オシ

キルギスの南西部の都市。フェルガナ盆地の東端に位置する。中央アジアの古い都市の一つで,古来中国とインドとを結ぶ交易路の経由地として知られた。また絹織物の生産地としても有名で,今も中央アジア最大の絹市場の一つになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のオシの言及

【三味線】より

…(3)カスメ 小さく弱く当てる奏法。(4)オシ 2本の糸を1本ずつ撥皮に押しつけるような奏法。(5)コカシ 2本の糸の上をこかす(すべらせる)ように弾く奏法。…

※「オシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オシの関連情報