コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オジロワシ オジロワシHaliaeetus albicilla; white-tailed eagle

3件 の用語解説(オジロワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オジロワシ
オジロワシ
Haliaeetus albicilla; white-tailed eagle

タカ目タカ科。全長雄 80cm,雌 95cm。体は褐色で頭頸部は黄褐色,尾は白い。ユーラシア大陸北部に広く繁殖分布し,ヨーロッパ中部,ペルシア湾東部から,インド北西部,東アジアなどで越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オジロワシ

タカ科の鳥。翼長57〜72cm,雌のほうが大きい。体色は暗褐色で尾は白い。ユーラシア大陸の中北部,アイスランドグリーンランドに分布。日本では北海道で繁殖し,冬は本州にも渡来。
→関連項目ハクトウワシワシ(鷲)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オジロワシ
おじろわし / 尾白鷲
white-tailed sea-eagle
[学]Haliaeetus albicilla

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部および北部、グリーンランド、アイスランドで繁殖し、冬はやや南に移動する。日本にはおもに冬鳥として渡来するが、北部に多く南部には少ない。少数は北海道東部や北部で繁殖する。全長約90センチメートル、翼長約65センチメートル、翼開長は約2メートルに達する。成鳥の体は褐色で頭部は淡褐色、尾は白い。若鳥は全体に褐色。海岸、河口、湖沼などにすみ、魚を主食としているが、鳥や哺乳類(ほにゅうるい)を襲うこともある。地上、枝上、流氷上に止まって休む。大木の上に枯れ枝を積んで大きな巣をつくり、1~2個の卵を産む。オオワシ同様、尾羽は古来矢羽として用いられた。1970年(昭和45)国の天然記念物に指定された。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オジロワシの関連キーワード有効幅員塚本淑子柊麗華電波望遠鏡唐古(からこ)・鍵遺跡アカソアカリファアキノタムラソウアゼスゲアナグマ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オジロワシの関連情報