コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オジロワシ Haliaeetus albicilla; white-tailed eagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オジロワシ
Haliaeetus albicilla; white-tailed eagle

タカ目タカ科。全長雄 80cm,雌 95cm。体は褐色で頭頸部は黄褐色,尾は白い。ユーラシア大陸北部に広く繁殖分布し,ヨーロッパ中部,ペルシア湾東部から,インド北西部,東アジアなどで越冬する。日本では,北海道の北部および東部で少数が繁殖するほか,冬鳥(→渡り鳥)として各地の海岸,大きな湖沼,広い河原などに渡来する。おもに魚類をとるが,哺乳類や海鳥類も狩る。また,ほかの動物やタカ類のとった獲物を盗むこともよくあり,死肉もあさる。1970年国の天然記念物,1993年国内希少野生動植物種に指定された。(→ワシ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オジロワシ

タカ科の鳥。翼長57〜72cm,雌のほうが大きい。体色は暗褐色で尾は白い。ユーラシア大陸の中北部,アイスランド,グリーンランドに分布。日本では北海道で繁殖し,冬は本州にも渡来。
→関連項目ハクトウワシワシ(鷲)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オジロワシ
おじろわし / 尾白鷲
white-tailed sea-eagle
[学]Haliaeetus albicilla

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部および北部、グリーンランド、アイスランドで繁殖し、冬はやや南に移動する。日本にはおもに冬鳥として渡来するが、北部に多く南部には少ない。少数は北海道東部や北部で繁殖する。全長約90センチメートル、翼長約65センチメートル、翼開長は約2メートルに達する。成鳥の体は褐色で頭部は淡褐色、尾は白い。若鳥は全体に褐色。海岸、河口、湖沼などにすみ、魚を主食としているが、鳥や哺乳類(ほにゅうるい)を襲うこともある。地上、枝上、流氷上に止まって休む。大木の上に枯れ枝を積んで大きな巣をつくり、1~2個の卵を産む。オオワシ同様、尾羽は古来矢羽として用いられた。1970年(昭和45)国の天然記念物に指定された。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オジロワシの関連キーワードスレバルナ自然保護区斜里町立知床博物館オオワシ(大鷲)日本の国立公園知床国立公園ボルムシ島護田鳥尾オオワシ釧路湿原高野伸二ウミワシ知床半島片野鴨池知床岬化女沼知床

オジロワシの関連情報