コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン層保護条約 オゾンそうほごじょうやく

2件 の用語解説(オゾン層保護条約の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

オゾンそうほごじょうやく【オゾン層保護条約】

正称、オゾン層保護のためのウィーン条約。オゾン層の破壊に対応するため、国連環境計画を中心に検討が進められ、1985年採択された条約。オゾン層保護の国際協力の基本的枠組みを定める。 → モントリオール議定書

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オゾン層保護条約【オゾンそうほごじょうやく】

(1)〈オゾン層保護のためのウィーン条約〉 1985年3月,国連環境計画ウィーンで開いた外交会議で採択された,オゾン層保護の枠組みを決めた条約。この条約ではオゾン層を〈大気境界層(高度1000m)以上の大気〉と成層圏に限らず,対流圏の大部分を含むようにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

オゾン層保護条約の関連キーワードオゾン層世界気象機関モントリオール議定書オゾン層破壊ウィーン条約オゾンゾンデビデオゾンデオゾン層保護対策推進月間オゾン層保護のための国際デーオゾン層の破壊と皮膚がん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone