コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトウェー オトウェーOtway, Thomas

3件 の用語解説(オトウェーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトウェー
オトウェー
Otway, Thomas

[生]1652.3.3. サセックス,トロットン
[没]1685.4.14. ロンドン
イギリスの劇作家。牧師の家に生れ,オックスフォード大学を中退,俳優を志望。失敗して劇作に転じた。悲劇『アルシバイアディーズ』 Alcibiades (1675) ,『ドン・カルロス』 Don Carlos (76) などを発表したのち,ロンドンの生活に失望して,1678年軍隊に入り,オランダに渡る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オトウェー【Thomas Otway】

1652‐85
イギリスの劇作家。俳優として失敗し劇作に転じ,王政復古期悲劇の代表作家となる。おもな作品は《孤児》(1680),《護られたベニス》(1682)など。公的な規律と私的感情の対立に悩む人物を登場させ,それを情緒的に描いたため,18,19世紀にはもてはやされたが,人工的で深みに欠け,今ではほとんど顧みられない。ほかに喜劇数編があるが評価は低い。ラシーヌモリエールの英訳でも知られる。【喜志 哲雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトウェー
おとうぇー
Thomas Otway
(1652―1685)

イギリスの劇作家。韻文の悲劇『ドン・カルロス』(1676)の成功で名声を得る。続く『孤児』(1680)、『救われたベニス』(1682)の二悲劇も傑作の名が高い。喜劇にも手を染め、またラシーヌ、モリエール、シェークスピアなどの作品の翻案もある。名優トマス・ベタートンThomas Betterton(1635―1710)とともに彼の主要な作品を演じた、イギリス初の大女優とされるエリザベスバリーElizabeth Barry(1658―1713)への報われぬ恋によっても知られる。[村上淑郎]
『千葉孝夫訳『トマス・オトウェイ悲劇集』(1991・中央書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オトウェーの関連キーワード承応戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門南アフリカ共和国浅見絅斎王鐸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone