オニノヤガラ

百科事典マイペディアの解説

オニノヤガラ

ヌスビトノアシとも。北海道〜九州,東アジアの山林中にはえるラン科腐生植物ナラタケと共生する。全体黄褐色〜赤褐色で葉緑体がない。根茎はジャガイモに似る。茎は1m内外で,まばらに鱗片がつく。花は夏,茎頂に穂状につき,長さ約8mmのゆがんだ壺形で,花被片は合着する。漢方では根茎を天麻といい,薬用(鎮静,鎮痙薬など)にする。
→関連項目ラン(蘭)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニノヤガラ
おにのやがら / 鬼矢幹
[学]Gastrodia elata Bl.

ラン科の腐生植物。地下に長さ10センチメートルほどの楕円(だえん)形の塊茎があり、直立する1本の茎を出して高さ1メートルに達し、通常は赤褐色でまばらに5~6枚の鱗片葉(りんぺんよう)がある。頂生の花序に密に20~40花をつける。花は黄褐色、萼(がく)および花弁は癒着してゆがんだ壺(つぼ)状を呈する。林下から草原などに生え、北海道から九州までの日本各地および中国に分布する。植物体全体が緑青色のものをアオテンマとよぶ。漢方では根茎を鎮痛、強壮剤に用いる。名は、まっすぐな茎を鬼の使用する矢に見立てたものである。
 この属は世界に約25種あり、日本にはほかにナヨテンマ、ハルザキヤツシロラン、アキザキヤツシロランが分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android