オリビエ(Sir Laurence Olivier)(読み)おりびえ(英語表記)Sir Laurence Olivier

  • 1907―1989

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの俳優、演出家。5月22日ドーキングに生まれる。15歳のとき『じゃじゃ馬馴(な)らし』のキャサリン役で初舞台を踏み、職業俳優への道を歩む。1935年、『ロメオとジュリエット』のロメオとマキューシオをジョン・ギールグッドと交代で演じて好評を博し、それを機にオールド・ビックに加入(1937~1949)。印象的な瞳(ひとみ)と多彩な音声で情念を表現することに秀で、『ハムレット』『マクベス』などでシェークスピア役者としての名声を確立。1955年のピーター・ブルック演出『タイタス・アンドロニカス』の復活上演などで注目された。映画にも早くから出演、ハリウッドで『嵐(あらし)が丘』(1939)に主演後は、英米の映画界のスターとして幅広く活躍。『ヘンリイ五世』(1945)、『ハムレット』(1948)、『リチャード三世』(1955)では監督も兼ねて、シェークスピア劇の映画化に優れた成果を収めた。また、現代劇の演技、演出にも優れた才能をみせ、劇場経営にも手腕を発揮し、被爆したオールド・ビックの再開に尽力したほか、ナショナル・シアターの総監督(1963~1973)を務めた。私生活ではジル・エズモンド、ビビアン・リーと、それぞれ結婚・離婚ののち、1961年にジョーン・プロウライトと結婚。1947年にサーの称号を、1970年には俳優としては初めてロード(一代貴族)の栄誉を授かった。

[中野里皓史]

資料 監督作品一覧

ヘンリイ五世 Henry Ⅴ(1945)
ハムレット Hamlet(1948)
リチャード三世 Richard Ⅲ(1955)
王子と踊子 The Prince and the Showgirl(1957)
三人姉妹 Three Sisters(1970)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android